自分を捨てることが必要です。

それは魂の家である、肉体に必要なものまで捨てなさいという意味ではありません。

しかし同時に、永遠のあなたである魂も大切にしなくてはいけません。

あなたに潜在する神性を最大限に発揮し、他人との友好関係を実践しなければなりません。

それが人間本来のあり方です。

魂は白でも黒でも赤でも黄色でもありません。

魂には特殊な色も、人種上の差別もありません。

この事実をよく理解し、実践しなくてはいけません。

人類の優越性は、内部の神性を開発し、それを愛と哀れみと思いやりという形で、他の人間だけでなく、同じ地球上に住む動物に対しても発揮できるようになって初めて得られます。

地上の至るところで行われている、無益な残虐行為と乱獲は止めないといけません。

本当の平和は、人類が神と天命に恥じない行動を実践できるようになった時に訪れます。
f0328373_17203006.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-05 20:07
どんな現象にも自然法則が働いています。

それは、どんな力によっても停止も廃止も出来ません。

原因に従って結果が起きるという、整然たる因果律にのっとって働くしかないのです。

過去に起きたものも、それがどんなに目を見張るものでも、どんなに度肝を抜くものでも、どんなに途方もないものでも、どんなに驚異的なものでも、必ず自然法則の働きによって起きていたのです。
f0328373_18450280.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-04 20:40

次の戦争のための小休止

真実が表現されているところには、必ず価値あるものが生まれます。

説教も奉仕の心を生むものなら結構です。

ただ聞くだけで終わる説教では無意味です。

聴衆を平和の味方の気分に浸らせるだけの、キザな説教ではいけません。

私たち霊が望むのは、実際の行動です。

人の役に立ち、弱い人に勇気を与え、喪の悲しみに暮れる人を慰め、住む家のない人を支え、物質界の汚点である虐待行為の全てに終止符を打つことです。

お互いがお互いのために生きる以外、平和の道はありません。

全ての人間が助け合いの心に満ち、人の役に立つ行動を実践するまで、平和は来ません。

これまで続けられた終戦記念日も、今では次の戦争のための小休止でしかありません。
f0328373_20251718.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-03 20:28

みんなで分け合う

聖書に “地球とそこにあるもの全ては主のものなり” とあります。

これは人間は地上のものは何一つとして所有できない、自分のものには出来ないことを意味します。

地上にいる間だけ、借りて持っているようなものです。

永遠に自分のものではありません。

地上のゴタゴタは、みんな自分が一番いいと思うものを、少しでも多く自分のものにしようとする 一 一番悪いものを欲しがる人はいません 一 そこから起きています。

その結果として強欲、貪欲、私利私欲が王座に祭り上げられ、物欲第一主義が新しい神として崇拝されています。

地上には物欲優先の副産物が、見るも痛ましいほどはびこっています。

悲劇、卑劣、飢餓、栄養失調、残虐行為、動物実験、こうしたものは全て物欲を優先することから起きた恐ろしい産物です。

みんなで分け合うという考えは、良いことです。
f0328373_18483830.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-02 20:41
地球は生命の世界の一つに過ぎません。

これからもっともっと多くの世界を体験します。

それが永遠に続くのです。

地上人生なんか、いい加減に送ればよいと言っているのではありません。

あなたが送る全人生の、ほんの一欠片に過ぎないことを言っているのです。

その地球をより良い世界にするために努力して下さい。

地球は宇宙の惑星の中でも、最も進化の低い部類に属します。

が、進化の目標があります。

同時に、進化とは永遠なるプロセスです。

完全は永遠に達成できません。

なぜなら完全に近づくほど、その先に達成すべきものがあることを知るからです。
f0328373_19572433.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-01 19:59

霊訓中の霊訓


by ice-kiss