霊なりのタイミング

困ったことに人間は、自分に都合の良いことが、都合の良いタイミングで生じてくれることを望みます。

しかし私たち霊は、そういう期待にはお応えしかねます。

私たちには、私たちなりのタイミングがあります。

皆さんよりは先見の明が開けておりますから、皆さんにとって、その時点で、どうなるのが一番良いかの判断は、皆さん自身よりは私たちの方が上です。

地上の人間の祈りを聞いていると、もしも、その通りに叶えさせてあげたら、大変なことになりかねないことが、たくさんあります。
f0328373_21501374.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-10-19 21:45

人間も本来は霊

人間は、やはり神の摂理にのっとった生き方をしなければならないのだと思い知るまでは、混沌と、破綻と、悲劇と、崩壊の止む時はないでしょう。

私たち霊は、人間も本来は“霊”であることを原理とした摂理を説くほかはありません。

なぜなら、物的なものが朽ち果ててチリとなった後に、なお残るのは、霊的なものだからです。

物的なものだけに目を向けている人間は、大きな過ちを犯します。

なぜなら、その生き方は幻影を追い求めて、永遠なるものを忘れているからです。

いたって簡単なことなのですが、そのことが未だに理解されておりません。
f0328373_22411152.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-10-18 22:35

これから先の地上

こうして地上世界のための仕事に従事している私たち霊の多くは、これから先の地上は、こうなるという未来像を見せていただいております。

それを受け入れ能力のある地上の同志に伝え、挫けがちな心を鼓舞しております。

私が見せていただいた未来図に比べると、現在の地上世界が非常に醜く見えます。

が、私には地上世界は、これほどまで立派になりうるのだ、こうならねばならないのだということが、分かっております。

あとは“時間”の問題です。

それを早めるも、遅らせるも、人類の自覚一つにかかっております。
f0328373_2333677.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-10-17 23:25
皆さんの味方として差し向けられる霊は、いろいろです。

地上で顔見知りだった人、血縁のあった人、さらには、そうした地上的縁とは無関係に、ただ地上人類への愛に動かされてやって来る高級霊もいます。

背後霊と言うと人間は、とかく名前を知っている人たちのことを、頭に浮かべがちですが、そのほかに、自分の存在を知ってもらいたいとも、功績を認めてもらいたいとも思わず、ただ持てる霊力を役立てたい一心から、働きかける霊が無数にいることを、忘れないでください。
f0328373_2149288.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-10-16 21:44

お互いに扶助しあう

私たち霊団の者も、皆さんも、ともに神への奉仕者です。

ただ私たち霊は、皆さんよりホンの少しばかり先を歩んでいるというにすぎません。

そこで、こうして引き返してきて、これまでに学んだものの中から、皆さんのお役に立つものを、お分けしようというわけです。

お互いに扶助しあうということが、生命の根本原理だからです。

互助の精神のないところには、荒廃があるのみです。

互助の精神のあるところには、平和と幸せが生まれます。

地上世界は、その互助の精神によって新しい社会を築かないといけません。

原理は、いたって簡単なのです。

人間が、それを、ややこしくしているのです。
f0328373_21125711.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-10-15 21:06

霊訓中の霊訓


by ice-kiss