一 乗客を乗せた飛行機が爆発して、全員が即死したとします。
この場合、乗客の魂にはどういう影響がありますか?

「霊的知識があれば、何の影響もありません。

知識のない人は、ショックによる影響があります。

しかし、いつかは時の経過とともに、意識と自覚を取り戻します。」

一 天命を全うしないうちに、アクシデントで他界した場合、次の再生が早まりますか?

「私は “アクシデント” という言葉が気に入りません。

原因と結果の要素以外、何も働いていないからです。

 “たまたま” と思えることも、因果律の働きに過ぎないのです。

再生の問題ですが、これは大変複雑な問題で、もっと時間がないと十分なお答えが出来ません。」
f0328373_19115273.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-10 20:01
一 今日の医学界では人が死ぬと、さっさと実験室に運び、医学実験や教材に使うことがあります。
死後すぐに死体をいじくると、魂に害がありますか?

「それはその霊に、霊的な知識があるかどうかで違います。

何も知らない場合は、一時的に障害が及ぶことがあります。

なぜなら、肉体と霊体をつないでいたコードが切れても、それまでの長年の一体関係の名残りで、相互作用が続くことがあるからです。

一般的に言えば、霊的なことに全く無知だった人の場合、埋葬や火葬をする前に、三日間は合間を置くことを勧めます。

それから後は、どうしようと構いません。

死体を何かの役に立てるために提供したいのなら、それは当事者がそう決断すればよろしい。

ただ、次のことも言っておきます。

人間には生まれるべき時があり、死ぬべき時があります。

もしその死ぬべき時が来ていれば、臓器移植をしても、肉体をそれ以上地上に長らえさせることは出来ません。」
f0328373_15554876.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-09 20:42
臓器移植については私たち霊もよく知っています。

そしてまた、その動機が立派な場合が多いことも知っています。

ですが私たちは、人間のどの臓器も他人に移植することは反対です。

そもそも死は、少しも怖いものではありません。

死は大いなる解放者です。

死は自由をもたらしてくれます。

人間は赤ん坊が生まれると喜びます。

が、私たち霊の世界では、地上に生まれて行く人を泣いて見送る霊が、たくさんいます。

同じように、地上では人が死ぬと泣いて悲しみますが、私たちの世界では、その霊を喜んで迎えているのです。

なぜなら死の訪れは、地上人生の目的を果たし終えて、霊界が提供する、莫大な豊かさと美しさを味わう用意が整ったことを意味するからです。
f0328373_17310958.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-08 20:23

人間には魂が宿ってい...

人間には魂が宿っています。

その身体を生かしている、神性を帯びた実在です。

そして、その魂によって活力を与えられて初めて存在できる、物的身体も持っています。

魂が最終的に引っ込んだ時 一 この “最終的に” というところを特に強調しておきます。なぜなら一時的には毎晩眠るごとに引っ込み、朝目覚めると戻っているからです 一 魂が最終的に引っ込めば、物的身体は活力源を失うので、死が訪れます。

霊視能力を持った人が見ると、霊体と肉体をつなぐコードが伸びるのが分かります。

そしてついに切れた時、霊体と肉体の分離が完了します。

その分離の瞬間が死であり、そうなったら最後、地上のどんな方法を使っても、肉体を生き返らせることは出来ません。
f0328373_21033458.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-07 21:08
私たち霊は人間の理性に訴えています。

もしも私たちの言うことや態度に、あなたの知性を侮辱し、理性を反発させるものがあれば、受け入れないで下さい。

私たちは理性や知性による納得を得たいのです。

その上でなら、神の意志を地上に行き渡らせるために、私たち霊の協力者になってもらえるでしょう。

そしてそれが、地上平和の到来を促すことになるでしょう。

霊的資質を十分に発揮するようになれば、光と決意と自覚と豊かさと落ち着きと内的安らぎが得られます。

なぜなら、それは神が生み出した法則と調和していることを意味するからです。

さらに、神そのものと一体になっていることも意味するからです。
f0328373_20560904.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-08-06 20:59

霊訓中の霊訓


by ice-kiss