人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

人生とは絶え間ない闘争

亡くなった息子さんが、生気はつらつとして常にあなたの側にいることを、私たち霊から改めて断言します。

昼も夜も側を離れることはありません。

番兵のつもりであなたを守り、害が及ばないように見張っています。

といって、あなたのこれからの人生に、何の困難も起きないという意味ではありません。

そういうことはあり得ません。

なぜなら人生とは絶え間ない闘争であり、障害を一つ一つ克服することで個性が伸び、魂が進化するからです。

どんな困難も苦難も難問も、あなたを包む愛によって、追い払えないものはありません。

それは全て影であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

訪れては去っていく影に過ぎません。
f0328373_18411874.jpg


by ice-kiss | 2019-02-28 20:32
原因と結果の法則は、容赦なく展開します。

その因果関係を妨害できる人はいません。

その絶対的な法則と違うことが起きると説く教えは間違っています。

原因と結果の間には、誰も割って入ることは出来ません。

あなたの責任を、他人の肩に背負わせる方法はありませんし、他人の責任があなたの肩に背負わされることもあり得ません。

一人一人が、自分の人生の重荷を背負わねばなりません。

そうあってはじめて道徳的であり、公正です。

それ以外の説は全て、卑劣であり、臆病であり、非道徳的であり、不公平です。

法則は完璧なのです。
f0328373_18074847.jpg


by ice-kiss | 2019-02-27 20:54
常に霊の光に照準をあてるように心掛けて下さい。

この世的な問題に煩わされてはいけません。

これまでいくつもの困難に遭遇し、これからも数々の困難が立ちはだかるでしょう。

が、奉仕の心に徹する限り、克服できない障害はありません。

全てが克服され、奉仕の道はますます広がるでしょう。

あなたの使命は人の苦痛を取り除いたり、軽くすることだけではありません。

あなたの尊い献身を見た人に、それを見習おうという心を植えつけています。

そしてそれがあなたを更に、向上の道へと鼓舞することになります。

私たちは、まだまだ霊的進化の頂点を極めたわけではありません。

先は遥かです。

なぜなら霊の力は、神と同じく無限の可能性を秘めているからです。
f0328373_15422568.jpg


by ice-kiss | 2019-02-26 20:30

生命とは何か

生命とは何か。

これは地上の人間には、まず理解できないと思います。

なぜなら生命とは本質的に、物質とは異なるものであり、理化学的な研究の対象にはなれないからです。

そこで私たち霊はよく、生命とは神のことであり、神とは生命のことであると言うのです。

その意味は、人間が意識を持ち、呼吸し、歩き、考える力、また樹木が若葉をまとい、鳥がさえずり、花が咲き、岸辺に波が打ち寄せる、そうした大自然の働きの背後に潜む力が神なのです。

同じ霊力の一部であり、一つの表現なのです。

あなたが今そこに生きている事実が、あなたも霊であることを意味します。
f0328373_19175025.jpg


by ice-kiss | 2019-02-25 20:09
人間は完全な存在ではありません。

完全という種子を宿してはいます。

が、それは人生がもたらす様々な境遇に身を置くことで成長します。

痛みも嵐も困難も苦しみも病気もないようでは、魂は成長しません。

法則が働かないことは絶対にありません。

もし働かないことがあるなら、神は神でなくなり、宇宙に調和もリズムも目的もなくなります。

その自然法則の正確さと完璧さを、絶対的に信じなければなりません。

なぜなら人間には、宿命的に知ることの出来ない段階があり、それは信じることで補うしかないからです。

私たち霊は知識を根拠として生まれる信仰は、決して非難しません。

私たちが非難するのは、根拠のないものでもすぐに信じてしまう浅はかな信仰心です。

人間は全ての知識を手にすることが出来ない以上、どうしてもある程度、信じることで補うしかありません。
f0328373_20071014.jpg


by ice-kiss | 2019-02-24 20:55

苦しみも大自然の一部

宇宙は無限です。

誰も、その果てを見ることは出来ません。

宇宙を支配する神と同じく無限なのです。

ですから神の法則も無限であり、永遠に進化が続くのです。

物質界の人間は、肉体に宿った魂です。

一人一人の魂はそれぞれ、進化の一つの段階にあります。

その魂には過去があります。

それを切り捨てて考えてはいけません。

過去との関連を考慮しなくてはいけません。

肉体は精神の表現器官であり、精神は魂の表現器官です。

肉体は、魂が達した発達レベルを表現しています。

もしもその人の魂の進化にとって、肉体的な苦しみが不可欠なら、治療家を通して、どんな治癒エネルギーが働きかけても治りません。

どんな治療家にも治せないのです。

苦しみも大自然の一部です。

法則の一部に組み込まれているのです。

痛み、悲しみ、苦しみ、こうしたものは全て法則の中に組み込まれているのです。

日向と日陰、平穏と嵐、光と闇、愛と憎しみ、こうした相対関係が神の法則です。

一方なしに他方は存在できません。
f0328373_17112944.jpg


by ice-kiss | 2019-02-23 20:59
物質界に閉じ込められ、肉体に関わる必要性や障害に押しまくられているあなた方は、表面上の物的なことに目を奪われ、背後の霊的実在のことを見失いがちです。

肉体こそ自分である、いま生きている地上こそ実在の世界であると思い込み、地上は影であり、肉体はより大きな霊的意識の道具に過ぎないという事実を否定することは、実に簡単です。

もしも刻々と移りゆく日常の中で、正しい視野を失わずに、問題の一つ一つを霊的知識に照らせれば、どんなに物事が楽におさまるでしょう。

が、残念ながら現実はそうではありません。

霊界に協力している人でさえ、基本的なことを忘れ、手にした霊的知識が要求する基準に、ふさわしくない生き方をしていることがあります。

知識は大きな導きとなり頼りになりますが、手にした知識をどう生かすかという、大きな責任も求められます。
f0328373_19172991.jpg


by ice-kiss | 2019-02-22 20:03

愛国心は消えません

全ての国に計画があります。

全ての生命に計画があるからです。

地上で国家的な仕事に努力してきた人は、死んでもそれをやめません。

そんなことで愛国心は消えません。

なぜなら愛国心は純粋な愛の表現ですから、その人の力は引き続き母国のために使われます。

さらに向上すれば、国家的な意識や国境的な概念が消え、みんな神の子という共通の霊的な理解が芽生えます。

しかし私たち霊は、あらゆる形の愛を有効に活用します。

少なくとも一つの国でも愛し、それに身を捧げようとする人の方が、愛が芽生えず、役に立つことを何もしない人よりマシです。
f0328373_18574152.jpg


by ice-kiss | 2019-02-21 20:51
「たとえば地上で、ある改革を推進していた政治家が、その途中で他界したとします。

するとその人は、その改革を引き継いでくれそうな人に働きかけます。

その意味では死後にもある程度まで、つまり霊の方がその段階を卒業するまで、国家的意識が存続すると言えます。

同じ意味で、自分は大人物と思い込んでいる人、大酒飲みや麻薬中毒患者などが霊界に来ると、地上で似たような人を通して満足しようとします。」

一 人間が霊の働きかけに反応しない場合は、どうなりますか?

「別にどうということはありません。

ただし忘れてならないのは、無意識の反応 一 本人が気づかなくても、霊界からの思念を受け取っている場合があることです。

インスピレーションは必ずしも、意識的なものとは限りません。

むしろたいていの場合、本人もなぜか分からないうちに、詩や曲、絵画やドラマ、エッセイなどを思いついているものです。


霊界からのものとは信じてくれないかも知れません。

が、そのアイデアが実現すれば、それでいいのです。」
f0328373_19362959.jpg


by ice-kiss | 2019-02-20 20:19

奉仕のために活用します

私たち霊が関心を向けるのは、どうすれば人類にとってためになるかです。

私たちの目に映る地上は、悪習と不正と権力に満ちています。

それが、神の豊かな恩恵が自由に行き渡るのを妨げています。

そこで私たちは、その原因である利己主義に立ち向かっているのです。

永遠の宣戦を布告しているのです。

そのために協力してくれる人なら、どんな党派の人でも、どんな宗派の人でも、どんな信仰を持った人でも、時と場所を選ばず働きかけて、改革のために改善のために改良のために、一言で言えば、奉仕のために活用します。
f0328373_18422550.jpg


by ice-kiss | 2019-02-19 20:29