人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

祈らない方がよろしい

「祈りとは魂の行為です。

より大きな自分を発見し、物的束縛から脱して、高いエネルギーとの一体を求める手段です。

ですから本当の祈りとは、魂が生気を取り戻し力を増す手段、つまり、より多くのインスピレーションと霊的エネルギーを手にする手段です。

それによって、神との深い調和が得られるものです。

自分を内観し、自分の不完全さと欠陥を見つけ、それを正し、少しでも完全に近づき、神性を宿す存在として、ふさわしい生き方をしようと決意する行為です。」

一 それが出来ない時は、どうしたらいいですか?

「どうしても出来ない時は、祈らない方がよろしい。」
f0328373_17544249.jpg


by ice-kiss | 2018-11-30 20:45
一 キリスト教では悪天候を、世の中の邪悪のしるしと見ています。

「私は世の中が邪悪であるとは思いません。

罪悪の罰として、神が雨を降らせるとは思いません。

自然は人間と、そのようにつながっていません。

第一、三ヶ月前と一週間前とで、世の中の邪悪に差はないでしょう。

それはあいも変わらず、えこひいきと復讐と怒りを抱く、人間神の考えから出ていません。

神とは生命の大霊です。

この大宇宙を支える力は、人間が集団で祈っても何も変わりません。

人間に出来ることは、大宇宙の法則を知り、その法則に自分を調和させ、出来るだけ多くの人が、出来るだけ多くの恩恵を受けられるような社会を作ることです。

そうなった時が、目覚めた人間を通して、神が表現されている時です。

私たち霊は、そう考えています。」
f0328373_18073466.jpg


by ice-kiss | 2018-11-29 20:56

霊と波長が合うかどうか

一 心に念じたことは全て、その霊に伝わりますか?

「そんなことはありません。

その霊と、波長が合うかどうかによります。

合えば伝わります。

バイブレーションの問題です。

私と皆さんは波長がよく合います。

ですから、皆さんの要求が全て受け取れます。

何か要求すると、そこにバイブレーションが生まれ、その “波” が私たち霊に伝わります。

それを受ける受信装置が、私にそなわっているからです。

地上と霊界の間でも、魂に共感関係があれば、思念や要求がすぐに伝わります。」

一 私たち人間が死ぬ時、霊界の医師が面倒を見てくれますか?

「見てくれます。

霊体をスムーズに肉体から離し、新しい生活に備える必要があるからです。

死に際の人がよく、肉親の霊や知らない霊が側にいることに気づきますが、理由はそれです。

魂が肉体から抜け出るのを助けているのです。」
f0328373_21502214.jpg


by ice-kiss | 2018-11-28 21:50

静寂そのものです

一 心の静寂が得られると、肉体にどういう影響が現われますか?

「肉体本来のあるべき姿、つまり王である魂の支配下に置かれます。

すると全身に行き渡っている精神が、入り組んだ肉体の機能をコントロールします。

それは生命を創造し、体を形作った魂の指令に従って行われます。

魂はその時、あなたの体のあらゆる分子に対して優位を占めています。

それが出来るようになれば、完全な調和状態 一 あらゆる部分が他と調和し、あらゆるリズムが整い、あなたは本当の自分と一体になります。

不協和音も衝突もありません。

静寂そのものです。

なぜなら、魂が神と一体になっているからです。」
f0328373_14210929.jpg


by ice-kiss | 2018-11-27 20:59
一 子供の頃から動物に対して、残酷なことをして育った場合、霊界でどんな扱いを受けますか?
動物の世話でもさせられるのですか?

「人間の長い歴史を通じて、動物がどれほど役立ってきたかを教えることで、地上時代の間違った考えを改めさせないといけません。

霊界にある動物界をあちこち案内して、動物が本当に動物を愛し理解する人間と接すると、どれほど愛らしいかを実際に見せます。

知識が増えるにつれて、間違った考えが少しずつ改められます。

残酷なことをした影響は、動物だけでなく、それをした人間にも表れることを悟ります。」
f0328373_21011624.jpg


by ice-kiss | 2018-11-26 21:03

真理は目の前にある

聖職者が説く信仰は、彼らみずから心の奥では信じ切れなくなっています。

自分が自信を持てずに、どうして他人に確信が与えられるでしょう。

人類が歩むべき道を知らずに、どうして他人に慰安が与えられるでしょう。

霊界について疑っている人が、どうして肉親に先立たれた人を慰めてあげられるでしょう。

先のことを何も知らない人が、どうして魂が飢え、心が満たされず、さ迷っている人を導くことが出来るでしょう。

真理はすぐ目の前にあるのです。

求めさえすれば、知識の宝、叡智の泉、真理の光が、すぐまわりで待ち受けているのです。
f0328373_17405060.jpg



by ice-kiss | 2018-11-25 20:34
人間が暗闇の中で生きているのは、一方には、自ら真理に目を閉じている人が多いからです。

また一方には、自分たちの利益や特権を守ろうとする人が多いからです。

全ての戦争は、人間が法則に背いた生き方をすることから起きています。

一人の人間、一つの団体、一つの国家が、間違った考えや貪欲、支配欲から、神の法則を無視した行動に出ています。

直接の原因が何であっても、全ては宇宙の法則についての無知が原因です。

全ての人が霊的知識を手にした世界に、独裁的支配はあり得ません。

一人の人間が、一国を支配することが不可能になるからです。

全ての人が霊的知識を手にした世界に、流血はあり得ません。

争いの起こらない体制になるからです。
f0328373_17585776.jpg


by ice-kiss | 2018-11-24 20:47
私たち霊は地上とは別の世界でも、同じ神の法則の働きを見ました。

それがどんな時も、少しの狂いもないことを確認しました。

そのため、その法則とその法則を生み出した心に敬意を表します。

ですから私たちはその法則の働きの全て 一 物的、精神的、霊的な働きの全てを説こうと努めています。

中でも特に、霊的なものを最も重要なものとして説いています。

なぜなら、全ての実在、全ての生命の源は霊的世界にあるからです。

全ての人間が神の法則を理解し、その法則に従って生きれば、全ての悲劇、暗黒、苦悩、憎悪、戦争、残虐行為が地上から無くなります。

そして人間は、平和と親善と愛の中で暮らすことになると信じます。
f0328373_15434980.jpg


by ice-kiss | 2018-11-23 20:36

完全に向けての努力

葛藤と苦悩は、いつになっても無くなりません。

地上では、人間を支配しようとする二つの力の間で、絶え間ない葛藤があります。

肉体の進化に属する動物的な性質と、神性を帯びた霊、つまり無限なる創造の可能性を与えてくれた、神の息吹きです。

その二つのどちらが優位になるかは、絶え間ない葛藤の中で、自由意志で選びます。

霊界に来てからも葛藤はあります。

それは欠点を克服し、魂の高い側面を発揮しようとする、絶え間ない努力です。

完全に向けての努力、光明に向けての努力です。

その奮闘の中で不純なものが捨てられ、強化と精錬と試練を経て、魂の純金が姿を現します。
f0328373_15574132.jpg


by ice-kiss | 2018-11-22 20:48
一 何の罪もない赤ん坊が、遺伝性疾患や性病やその他の病気を背負って生まれてきます。
これは公平とは思えません。
子供に罪はないのですから。
この問題をどう考えますか?

「不公平を口にするのは、問題を肉体だけの問題、つまり物質界だけの問題として考え、無限の生命という観点から考えていないからです。

魂は性病にはかかりません。

魂には障害も奇形もありません。

両親の遺伝的特質や後天的特徴を受け継ぐことはありません。

それは、魂の表現手段である肉体に影響を及ぼすことはあっても、魂を変えることはありません。

確かに地上的観点から、つまり物質的観点からだけ人生を見れば、病弱な体で生まれた人は、健全な体で生まれた人より、物的には不幸の要素が多いと言えます。

が、その意見は魂には当てはまりません。

体が病弱だから魂も気の毒で、体が健全だから魂も豊かであるという方程式は成り立ちません。

実際には、宿命的な進化の備えとして、多くの痛みや苦しみを味わうことで、魂が豊かになるのです。」
f0328373_18424739.jpg


by ice-kiss | 2018-11-21 20:28