<   2018年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

一 幽霊と霊は、どう違うのですか?

「これは、とてもいい質問です。

幽霊も霊の一種です。

が、霊が幽霊になってくれては困るのです。

地上の人たちが幽霊と呼んでいるのは、地上人生がとても惨めだったために、いつまでも地上の雰囲気から抜け出せない霊が姿を見せた場合か、よほどのことがあって、強い憎しみや恨みを抱いた、その “念” がずっと残っていて、それが何かの拍子に、その霊の姿になって見える場合の、どちらかです。

幽霊騒ぎの原因はたいてい、最初に言った霊、つまり地上世界から抜け出せない霊の仕業です。

死んで地上を去っているのに、地上で送った人生、自分の欲しか考えなかった人生が、その霊を地上に縛りつけるのです。」
f0328373_18270897.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-31 18:27

知識は大切な財産です

「知識は全て大切です。

何かを知れば、知らない時より得をします。

知らないでいることは、暗闇の中を歩くことです。

あなたはどちらの道を歩きたいですか。」

一 光の中です。

「でしたら、少しでも多く知らなくてはいけません。

知識は大切な財産です。

なぜなら、知識から生きるための知恵が生まれるからです。

判断力が生まれるからです。

知識が少ないということは、持ち物が少ないということです。

分かりますね?

あなたは今、地球という世界に住んでいます。

自分では地球は広いと思っていても、宇宙全体から見れば、ほんの欠片ほどの小さな世界です。

その地球に生まれたのは、その地球の知識を出来るだけ多く知るべきだからです。

それは次の世界での生活に備えるためです。」
f0328373_13550833.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-30 19:45
あなたの亡くなったお父さんと妹さんは、いつも側にいます。

これはまだまだ知らない人が多い、大切な秘密です。

いつも一緒にいてくれているのです。

あなたを愛し、力になってあげたいと思っているからです。

このことを人に話しても、信じてくれませんよね?

みんな見えないものは存在しないと思っているからです。

このことを理解しないために、地上では多くの悲しみがあります。

理解すれば、死を悲しまなくなります。

死ぬことは、悲劇ではないからです。

あとに残された家族にとって、悲劇になることがありますが、死んだ本人にとっては悲しいことではありません。

新しい世界への誕生だからです。

全く新しい世界へ向上することだからです。
f0328373_19421377.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-29 19:42

霊が求めるのは協力です

私たち霊が言ったことの中に、もしもあなた方の理性や叡智に反すると思えることがあれば、受け入れないで下さい。

良心の命令に背いてはいけません。

自由意志を捨ててはいけません。

私たちは、押しつけるつもりはありません。

強要するつもりもありません。

私たち霊が求めるのは協力です。

自分で正しいと判断して、あなた方人間の方から協力してくれることを望みます。

理性を使ったからといって、不快には思いません。

私たち霊が言ったことに疑問を持ったからといって、不愉快には思いません。

その結果、魂に宿る知性と理性が納得できないのなら、それは私たちが指導霊としてふさわしくないということです。

私たちは盲目の信仰、無言の服従を強要しません。
f0328373_19125076.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-28 19:12
人生とは絶え間ない闘いです。

障害の一つ一つを克服する中で、個性が伸び魂が進化するのです。

どんな困難も、苦難も、難問も、あなたを包む愛の力によって、追い払えないものはありません。

それは全て影であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

訪れては去って行く影に過ぎません。

悲劇と悲しみをもたらしたものは全て、あなたのもとを通り過ぎました。

前途にあるのは、豊かな霊的冒険です。

あなたの魂を豊かにし、いま学んでいる永遠の実在に一段と近づけてくれる、驚異に満ちた冒険です。
f0328373_19450895.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-27 19:45
「原因と結果の法則は、容赦なく展開していきます。

その因果関係を妨害できる人はいません。

その法則に反することが起きると説く教義は間違っています。

原因と結果の間に割って入れるものはありません。

あなたの責任を、他人の肩に背負わせる手段はありませんし、他人の責任が、あなたの肩に背負わされることもありません。

一人一人が、自分の人生の重荷を背負わねばなりません。

それでこそ、正直であり、道徳的であり、倫理的であり、公正です。

それ以外の説は全て、卑劣であり、臆病であり、非道徳的であり、不公平です。

法則は完璧です。」

一 広い意味で人間は、他の全ての人に対して責任がありませんか?
世の中を住み良くしようとするのは、みんなの責任だからです。

「その通りです。

その意味では、みんなに責任があります。

なぜなら全人類は、霊の糸でつながり、結ばれているからです。」
f0328373_20153769.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-26 20:15

確信があれば心配しない

一 取り越し苦労性の人は霊的に未熟なのですか?

「その通りです。

真理を悟った人は、取り越し苦労はしません。

なぜなら人生には、神の計画が行き渡っていることを知っているからです。

真面目で、正直で、慈悲深く、無欲でありながら、人生の意義と目的を悟るほど、霊的資質を身につけていない人がいます。

無用の心配をするということが、霊的成長の欠如を表しています。

たとえわずかでも心配するということは、まだ魂が確信していないことを意味します。

確信があれば心配しないでしょう。

偉大な魂は強い心で、人生に臨みます。

確信があるからです。

その確信は動揺することがありません。

これが私たち霊の基本的な教えです。」
f0328373_20253857.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-25 20:25
神は完全なる公正です。

神の叡智は完全です。

なぜなら完全な法則として働いているからです。

あなた方人間の理解力が、一定の範囲内に限られている以上、宇宙の全知識を極めることは不可能です。

どうか不治の病という考えは持たないで下さい。

そういうものは存在しません。

治らないのは大抵、その人の魂がまだ治療による苦しみの緩和、軽減、安堵、完治を手にする資格を身につけていないからです。

そこにカルマの法則が働いています。

こんなことを言うのは、あきらめさせるためではありません。

たとえ目に見えなくても、何事も法則が働いているという原則を指摘しているのです。
f0328373_19332880.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-24 19:33
一 大主教による仰々しい祈りよりも、素朴な人の素朴な祈りの方が効果があるのですか?

「地位は関係ありません。

肝心なのは祈る人の魂です。

大主教が魂の高い人なら、その祈りには霊力が宿っています。

が、どんなに立派な僧衣をまとっていても、スジの通らない教義に凝り固まった人なら、何の効果もないでしょう。

もう一ついけないのは、集団で行う紋切り型の祈りです。

案外効果は少ないものです。

神は、肩書きや数ではごまかされません。

祈りの効果は祈る人の魂によります。

祈りとは本来、自分の波長を普段以上に高めるための霊的行為です。

波長を高め、人のために役立ちたいと祈ることは、効果があります。

あなたが抱える問題について、神はすでに知っています。

神は神だからこそ、宇宙の出来事の全てに通じています。

神とは自然法則の背後の叡智です。

その法則をごまかすことは出来ません。

神をごまかすことは出来ません。

あなた自身さえごまかすことは出来ません。」
f0328373_19483627.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-23 19:48
宇宙はすみからすみまで、法則によって支配されています。

偶然や奇跡は絶対に起こりません。

利己心からの祈りは、そのままその人の魂のレベルを示しています。

そんな人の祈りで病気が治るはずがありません。

ですが、自分を忘れ、ひたすら救ってあげたいという祈りは、その人の魂のレベルが高いことを意味します。

そんな人の祈りは、高級神霊界にも届きますし、自動的に治療効果を生む条件も作り出します。

つまり、祈る人の魂によって決まるのです。
f0328373_20200597.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2018-01-22 20:19

霊訓中の霊訓


by ice-kiss