神の表現である大自然が与えてくれる力を使って、人生を楽しみなさい。

ふんだんに与えられる大自然の恵みを受け、完成に向けて進化し続ける、永遠なる景色の中の神が表現する美を満喫しなさい。

同時に私たちの背後で、私たちを協力者として使う、崇高なる霊の働きに思いを馳せましょう。

神の恩寵を存分に受け入れるために、心を広く持ちましょう。

私たちが神のメッセンジャーであることを認めてもらえるように、日々の言動に愛と善意を反映させましょう。
f0328373_14573336.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-10-18 20:51
宇宙の心、宇宙の中心、宇宙を創造した神に、まず自分が近づくように真剣に祈るのです。

それから、何とかしてあげたいと思っている人がいれば、その人を善意と祈りの気持ちで包んであげるのです。

ですが、それを自分が愛着を覚える人だけに限るのは感心しません。

たとえ崇高な動機でも、利己主義の色合いを帯びているからです。

それよりはむしろ全人類のためになる方法で、自分の精神が使われることを求めるべきです。

つまり日常の中で自分と交わる人に、分け隔てなく尽くすべきです。
f0328373_19262678.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-10-17 20:18

霊は寝ません

「霊界では、ベッドが欲しいと思う人は用意していますが、寝る必要はありません。

夜がないのですから。」

一 寝る人もいるのでしょう?

「もちろんいます。

寝なくては、と思うからです。

真実に目覚めた霊は寝ません。

土手に腰を下ろして休みたいと思えば休みます。

が、疲れたからではありません。」

一 座って瞑想するのが気持ちいいからでしょう?

「それもありますが、自然の美しい景色を見ながら、誰かと交信することもあります。

ただし、 “すみません、少し疲れたので一服しようと思います” とか “急いで食事を取ってきます” ということはありません。

食べたいという気持ちが残っていれば別ですが、食事を取る必要はないのです。

肉体のように、栄養を補給しなくてはならない器官がないからです。」
f0328373_14465846.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-10-16 20:37
一 地上で有名だった人とは別に、霊界に行ってから有名になった人がいますか?

「もちろんです。

地上での名声は単なる “生まれ” に由来し、他に何の要因もない場合が多いのです。

生き方、努力、苦労によって手に入れたものでない場合が多いのです。

そうした中で全く名を知られず、偉大さを認められなかった人が、霊界に来てふさわしい評価を受けています。

そういう人が大勢、実に大勢います。

魂こそ消せないパスポートです。」

一 霊界に本はありますか?

「あります。

本は実にたくさんあります。

地上にある全ての本の複製もあります。

地上にない本もたくさんあります。

霊界には芸術の資料を集めてある、巨大な建物がいくつもあり、その中に印刷物も含まれています。

人間が興味を持つものなら、どんなものでも用意してあります。」
f0328373_14574812.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-10-15 20:47
一 霊界にも電車がありますか?

「ありません。

ただし、電車に乗りたいと思えば電車が目の前に現れます。

理解できないでしょうね。

でも夢と同じです。

電車で行きたいと思えば、電車が現れるのです。

あなたも夢の中で、船に乗ろうと思うことがあるでしょう。

すると船が現れます。

自分が創造するのです。

そして少なくとも自分にとっては、本物の船です。

それに乗ると動き出します。

必要な船員もちゃんと揃っているでしょ?

その時の意識の状態では、現実なのです。」
f0328373_20180188.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-10-14 20:19

霊訓中の霊訓


by ice-kiss