一 生まれ変わりが事実だとすると、霊界へ行っても、必ずしも会いたい人に会えないことになり、地上で約束した天国での再会が果たせないことになりませんか?

「愛は必ず目的を果たします。

なぜなら愛は宇宙最大のエネルギーだからです。

愛は必ず愛する者を引き寄せ、愛する者を探し当てます。

愛する者同士を、永遠に引き裂くことは出来ません。」

一 でも生まれ変わりを繰り返せば、別れの連続になりませんか?
これでは、天上の幸せという考えと一致しないように思うのですが。

「一致しないのは、あなたの考えと私たち霊の考えでしょう。

宇宙とその法則は神が創造したのであり、神の子供である人間が創造したのではありません。

賢明な人間は、新しい事実を前にすると、自分の考えを改めます。

自分の考えに一致させるために、事実を曲げようとしても、無駄に終わることを知っているからです。」
f0328373_21413095.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-12-12 21:45
一 生まれ変わりは自発的なものですか?
それとも果たすべき目的のために、やむを得ず生まれ変わるのですか?

「どちらの場合もあります。」

一 つまり、強制的なのですね。

「強制的という言葉の意味が問題です。

誰かに命令されるのなら、強制的と言ってもいいでしょう。

が、そういう命令はありません。

ただ、地上で学ばねばならない教訓、果たすべき使命、償うべき過ち、施すべきでありながら施さなかった親切、こうしたものを明確に理解するようになり、生まれ変わりがベストな方法だと判断するのです。」
f0328373_14485549.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-12-11 20:42
一 自らの行動によって、霊界に行くことは許されますか?
たとえば最愛の伴侶を亡くした場合です。

「許されません。

あなたは、法則に従って生きなければなりません。

法則は常に完璧だからです。

法則は、全てのものに宿り、全てのものを通して働く神と、完全な愛によって支配されています。

その法則に干渉する権利はありません。

もし干渉すれば、自らの寿命を縮めた行動に対して、犠牲を払わねばならなくなります。

たとえばリンゴを熟さないうちにもぎ取れば、リンゴの美味しさは味わえません。

それと同じで、霊的に熟さないうちに強制的に霊界に来れば、長い期間に渡って辛い体験をしなければなりません。

おまけに、せっかく一緒になりたいと思った愛する人にも会えなくなります。

その法則に背いた行動が、一種のミゾを作るからです。」
f0328373_18435143.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-12-10 20:28

大きな悟りへの踏み台

地上人類はまだ、痛みと苦しみ、困難と苦難の意味を理解していません。

そうしたもの全てが霊的進化にとって、大切な役目を果たしているのです。

過去を振り返ってごらんなさい。

最大の危機に直面した時、最大の難問に遭遇した時、人生で最も暗かった時が、大きな悟りへの踏み台になっていることが分かるはずです。

いつも日向で暮らし、不幸も心配も悩みもなく、困難が起きても自動的に解決し、あなたに何の影響も及ぼさず、通る道に石ころ一つ転がらず、征服すべきものが何一つないようでは、あなたは進歩しません。

向上進化は、困難と正面から取り組み、それを一つ一つ克服する中で得られるのです。
f0328373_18003093.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-12-09 20:52
霊的盲目による無知に浸り、祭礼や儀式に囲まれ、しかも今の時代にも、霊力の働きかけがあることを認めない聖職者は、いつか犠牲を払うことになります。

私たち霊は、奉仕をしようとする人なら、どんな分野の人でも味方として歓迎します。

私たちにとっての敵は、破壊的な人たちです。

私たちは愛と奉仕の翼にのって、援助できるところならどこへでも行きます。

それが私たちに課せられた、大切な使命なのです。

その中で、数々の困難や障害に遭遇することは分かっています。

それを克服していかねばなりません。

潮は満ちたり引いたりします。

が、確実に勝利に向かっています。

私たちだけでは、仕事らしい仕事は出来ません。

あなた方人間と手を取り合えば、いくらか仕事が出来ます。

たった一人の魂でも目覚めさせれば、たった一人でも闇から光へ導くことが出来れば、たった一人でも弱った人に元気を与え、悩める人に慰めを与えることが出来れば、それだけで私たちは立派な仕事を成し遂げたことになります。
f0328373_17451522.jpg


[PR]
# by ice-kiss | 2018-12-08 20:32