悲しみは教訓を学ぶための大切な手段

悲しみは、魂が悟りを開く数ある体験の中でも、特に深い意味があります。

悲しみが魂に触れた時、一番よく魂の目を覚まさせます。

魂は深く埋もれているために、それを目覚めさせるには、よほどの体験が必要です。

悲しみ、無念、病気、不幸などは、地上の人間にとって、教訓を学ぶための大切な手段です。

もしその教訓が簡単に学べるなら、大した価値はありません。

悲しみの極み、苦しみの極みにおいて学べるものだからこそ、学ぶ準備の出来ていた魂にとって、深い価値があるのです。
f0328373_15452665.jpg


[PR]
by ice-kiss | 2018-08-16 20:38

霊訓中の霊訓


by ice-kiss