人気ブログランキング |

霊的親和性

一つの家族が霊界に来ても、自動的に一緒になるわけではありません。

家族の一人一人に霊的親和性があれば、一緒になれます。

親和性がなければ再会はあり得ません。

意識のレベルが違うからです。

夫婦の場合なら、身体上の結婚だけでなく精神と魂も結ばれていなければ、霊界での再会は不可能です。

再会を決めるのは霊的親和性です。

死後しばらくは、血縁によるバイブレーションが残りますが、それに永続性はありません。

霊は物質に勝ります。

霊に関わるものは死後にも残り続けますが、物質に関わるものはそのうち消えます。
霊的親和性_f0328373_17044320.jpg


# by ice-kiss | 2020-09-23 20:58
霊界に来れば、大変な楽しみがあなたを待っています。

霊界には、今のあなたには理解できない性質と卓越性をもった音楽が存在するからです。

地上で聞いたことのないオクターブがあります。

シンフォニーもあります。

コンチェルトもあります。

オーケストラもあります。

最高の作曲家や演奏家が無数にいます。

地上にはほんの少ししかいません。

地上で大作曲家と言われている人が全て霊界に来ていますが、その巨匠がその後さらに向上進化しているのです。

鑑賞力をもつ人なら、立派な音楽をいくらでも聴くことが出来ます。

ミュージックホールは霊界が誇る財産です。

地上のどんな楽器も表現できないオクターブの音を、あなたも聴くことになるのです。

それから、地上を豊かにする音楽は全て霊界が始原です。

人間が作っているのではありません。

演奏家も作曲家もみな一種の霊媒です。
ミュージックホールは霊界が誇る財産_f0328373_19171850.jpg


# by ice-kiss | 2020-09-22 20:55

永遠の現在

「地上の時間は昼や夜、四季を生じさせている地球の自転や公転によって支配されています。

私たち霊は地球の回転の影響は受けません。

従って、昼や夜、春夏秋冬の区別がありません。

時間は私たちにとっては存在しません。

強いて言えば、 “永遠の現在” の中で生きています。」

一  “永遠の過去” でもあるわけですね。

「私たちにとっては過去も未来も、ともに永遠の現在です。

睡眠中のことを考えれば、それほど理解し難い話ではないと思います。

睡眠中は一時的に、物的束縛から解放されています。

ですから夢の中ではそういう束縛を受けずに、途方もない距離を行き来できます。

いつもの時間の観念が無視されています。

長い夢の出来事も、数分のうちに起きています。」
永遠の現在_f0328373_14575077.jpg


# by ice-kiss | 2020-09-21 20:50
「霊界に来て例えようのない楽しさや美しさ、輝きを味わった者にとって、地上は戻ってみたいと思うほど魅力ある世界ではありません。

薄暗くて、じめじめして、これほど面白くない雰囲気はありません。

こうした世界に戻るためには、大変な犠牲を強いられます。」

一 テレパシーによって霊との交信が出来た場合、それは霊にとって苦痛なのですか?
自分の所属界にいるままでは交信できないのですか?

「それは十分可能です。

私たち霊としては、人間と霊がお互いに半分ずつ歩み寄る形で交信できれば有難いのですが、残念ながら思い通りにはいきません。

私たちの方から地球の大気圏、地上的環境、地上界のバイブレーションの中に下りていかねばならないのです。

つまり、霊的なものを物的なものに近づけなければなりません。

本当は、物的なものを霊的なものに近づけてほしいのですが。」
地上は魅力ある世界ではありません_f0328373_16385845.jpg


# by ice-kiss | 2020-09-20 20:25
もしも埋め合わせと懲罰がなかったら、神の公正はどうやって発揮されるのでしょう。

罪深い人と聖者が同じ段階まで進化していいでしょうか。

もちろん、いいはずがありません。

どんなことでも、良いことをすればそれだけ魂が向上し、自己中心的なことをすれば、それだけ魂を損ないます。

良くも悪くも、あなたの霊的運命を決めるのはあなたです。

あなたのことに関して、最後に責任を負うのはあなたです。

もしも死の床で罪を告白し、特別な信仰を受け入れれば罪が許されて潔白の身になれるなら、それはお笑いものであり茶番劇です。
最後に責任を負うのはあなた_f0328373_18203183.jpg


# by ice-kiss | 2020-09-19 20:11