人気ブログランキング |
人間には自由意志が認められています。

定められた人生模様の些細なことは変えられます。

が、基本のパターンは変えられません。

定められたコースを、自分で切り抜けていかねばなりません。

ただ、地上の人間には一人の例外もなく、絶対的な支配力である、霊力の恩恵にあずかるチャンスが与えられています。

自ら求めない限り、永遠に暗闇の中で苦しめられることはありません。

何よりも動機が最優先されます。

その行動が正しいか間違っているかは、動機次第です。

その法則は動かしようがありません。
f0328373_18303378.jpg


# by ice-kiss | 2019-05-19 20:22
魂が一番大切です。

と言って、体のことは無視しなさいと言っているのではありません。

体は地上で魂を表現するための媒体です。

両者は常に反応しあっています。

体は魂に影響を及ぼし、魂は体に影響を及ぼしています。

しかしどちらが上かと言えば、文句なしに魂の方です。

魂が王様であり、体は召使いです。

体にいくら薬品を注ぎ込んでも、魂には影響ありません。

それによって、最終的に体と離れる時期を少し遅らせることは出来るかも知れません。

が、魂はいつかは体を離れなければならないという法則を変えることは出来ません。

不老不死の妙薬や治療法を、いくら求めても無駄です。

自然法則によって支配されているからです。
f0328373_19011707.jpg


# by ice-kiss | 2019-05-18 20:54
晴天の日があれば雨の日があるように、嵐の日があれば穏やかな日があるように、一方があれば必ずもう一方があります。

もしも地上人生が初めから終わりまで、何一つ苦労のない幸せばかりなら、それは幸せとは言えません。

幸せとはどういうものかが分からないからです。

悲しみを味わうから幸せの味が分かるのです。

苦しみは人生とは何かを分からせる手段です。

苦難、悲哀、病気、危機、死別、こうしたものを経験した時、魂の目が開くのです。
f0328373_18085682.jpg


# by ice-kiss | 2019-05-17 20:57
苦しみには目的があります。

苦しみは無くてはならない大切なものです。

なぜなら、苦しみを通して魂の目が開き、隠れた力が呼び覚まされ、霊的に、時には身体的に、さらに強くなります。

そうなるべきです。

多くの人にとって苦しみは、全人生を全く別の視点から見つめさせる大きなきっかけになります。

どんな症状の患者でも、簡単に不治と片付けてはいけません。

それは間違っています。

地上の格言にも “生命あるかぎり希望がある” というのがあります。

これは真実です。

魂が宿っているかぎり元気を回復させ、再充電し、ある程度まで機能を回復させることが出来ます。

法則が自然に働くようにすれば、体は死ぬべき時に自然に死にます。

魂に体から離れる準備が出来たからです。
f0328373_19201666.jpg


# by ice-kiss | 2019-05-16 20:12
一 産児制限(避妊)は自然法則に干渉することになり、間違っているのですか?

「いえ、間違っていません。

経済的な理由や健康上の理由、その他の理由でそうしなければならないと判断したのなら、出産を制限することは正しいことです。

この問題でも、動機が大切です。

何事も動機が正しければ、正しい決着をみます。

出産を制限することも、動機が正しければ、間違ったことではありません。

しかし霊界には、地上生活を求める霊が無数にいて、物的な体を与えてくれるチャンスを待っています。

その事実も忘れないで下さい。」
f0328373_19161702.jpg


# by ice-kiss | 2019-05-15 20:03