動機が全てを決めます。

動機が正しければ、どんなことが起きようと最後は必ず勝ちます。

人生には大切なものが二つあります。

一つは知識であり、もう一つは信じる心です。

知識の裏付けのない信仰心は、いざと言う時に頼りになりません。

が、知識に信仰心を上乗せする、これが最高の組み合わせです。

あなたは人生とその意味についての理解をもたらす知識は持っています。

が、それもこれから先あなたが手に入れる知識に比べれば、ほんの一欠片に過ぎません。

そこで、その不足を補うための信仰心が必要になります。

しかしそれも、あくまで事実に即した知識を根拠としていなければなりません。

軽々しい信仰、理不尽な信仰、知性を侮辱する信仰ではなく、こういう事実がある以上はそう信じてもよいという根拠のある信仰です。

それがあなたにとって大切なものです。
f0328373_20292456.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-04 20:29

納得しないものは拒絶

もしも私たち霊が、ある人にとっての真理を説き、それを聞いてあなたが “私には信じられません” と正直に言っても、私は少しも不愉快には思いません。

あなたへの愛の気持ちは、少しも減りません。

あなたの理性や良識を使って、納得しないものは拒絶しなさい。

なぜなら、あなたはこの地上で、そういう方法で自己開発するようになっているからです。

その最終的な裁定者として、私が敬意を表しているのは理性です。

その理性によってあなたの賛同を得られなければ、それは私が役に立たなかったことを意味します。
f0328373_20513191.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-03 20:51
一度手にしたら、霊的知識はいくら人にあげても減ることはありませんが、地上の財産は、人にあげればそれだけ減ります。

そこに霊的財産と物的財産の違いがあります。

物的財産はいくら貯めても、それを永久に所持することは出来ません。

地上に生きている間だけの管理人であり預かり人に過ぎません。

失うことがあります。

盗まれることがあります。

価値が下がることがあります。

色あせてきます。

美しさを失います。

何にしても、いつまでも自分のものではあり得ません。

それにひきかえ霊的財産は、一旦手にしたら永遠に失うことはありません。
f0328373_15403187.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-02 20:40
私たち霊はこれまで一度も、間違ったことは言わないと主張したことはありません。

私たち霊もあなた方と同じ人間的存在です。

ただ、あなた方の理性に訴えるための真理を説いているだけです。

私たちがこうだと言っても、その裏にはそれを拒否したらバチが当たりますという含みは全くありません。

“これが私が真理だと信じているものです” としか言えません。

それをあなた方に検討してもらうために提供しているだけです。

仮にそれを押しつけて、何が何でも受け入れさせようとしても、私たちにはその方法がないのです。

どんな霊媒でも、その霊媒を通して語られたことに、あなたの理性が反発を覚えたら、それには構わない方がよろしい。

神はあなた方に理性と良識を与えています。

それを使いなさい。

私は、霊的な教えは知性で厳しく判断すべきであると言っています。

その厳しいテストに耐えられるものは受け入れなさい。

耐えられなければ拒否しなさい。

それ以外に何か良い方法があるでしょうか。
f0328373_20355203.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-01 20:35
あなた方が心から祈る時、祈るのであり、欲しがるのではありません。

その祈りは必ず聞き届けられます。

霊視能力を持った人なら、あなた方のまわりに何らかの絆や親近感、また特殊な分野での共通の志を持つ霊がいつも待機しているのが分かります。

祈りの念が、その霊をさらに身近なものにするのです。

磁気力にも似た吸引力の法則が働くのです。

祈ることで、霊がそれに応えて働きかける架け橋が出来るのです。

私たち霊がいつも、取り越し苦労はやめなさいと言うのはそのためです。

心配の念は、その人のまわりの物的、霊的雰囲気を乱し、私たちの援助が届けにくくなるのです。
f0328373_15225258.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-07-31 20:14

霊訓中の霊訓


by ice-kiss