自分自身が裁判官

人間は自分で正しいと判断したこと、良心が命じたことに素直に従わなくてはいけません。

最終的には自分自身が裁判官なのです。

反省してみて自分の行ったことは全て正しかったか、どこかに間違いはなかったかを、自分で判断することができるようになっております。

動機さえ正しければ絶対に間違ってはいません。

何よりも、まず動機が最優先されるのです。

あなた方も元来が霊的存在であって、それが今は、物的身体を通して自我を表現しているにすぎないという、この基本的真理を、常に念頭においてください。

霊をたずさえた肉体ではなく、肉体をたずさえた霊だということです。

その認識のもとに、内部の霊性をできるだけ多く発揮することになるような生活を心がけることです。
f0328373_22485338.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-09-06 22:39

神に通じる道は無限

ー 全ての道は同じ目的地に通じているのでしょうか?
それとも目的地というものはないのでしょうか?

「“目的地”という用語がやっかいです。

私なりに言わせていただけば、全ての道は造化の霊的大始源に通じております。

宇宙の大霊、あなた方の言う神は無限なる存在です。

となると、完全なる愛と叡智の権化である、その神に通じる道もまた無限に存在することになります。

神とは生命であり、生命とは神です。

生命ある存在は誕生によっていただく遺産として神性を宿しております。

そして地球という惑星上の全生命は、究極において、唯一の霊的ゴールに通じる道をたどりつつ、永遠の巡礼の旅を続けております。

どの道をたどるかは問題ではありません。

巡礼者の一人一人が真摯に自我の向上を求め、責任を遂行し、与えられた才能を開発して、その人が存在したことによって、他の人が霊的な豊かさを得ることができるようにという、誠実な動機をもって生きれば、それでよいのです。」
f0328373_225410100.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-09-05 22:41

単純な真理

私が説いているのは“人のために”という福音です。

人のために惜しみなく自分を役立てなさいと言っているのです。

そうすると、あなたが、この世に存在したことによって世の中が豊かになるわけです。

簡単なことなのです。

改めて説くのもおかしいくらい当たり前のことなのです。

ですが、やはり真実です。

地上世界は単純さという本通りから外れて、ややこしい複雑な脇道に迷い込んでおります。

あまりに複雑なものに惑わされて単純な真理が受け入れられなくなっている精神構造の人が大勢います。

ですが、単純な真理は、単純であるがゆえにこそ強いのです。
f0328373_22322320.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-09-04 22:26

愛の力

宇宙には科学の実験室における、いかなる分析検査にもひっかからず、化学薬品によっても、メスによっても分析できず、しかも、これまで大きさを測定し、重量をはかり、切開できた他のいかなるエネルギーをも超越する力が存在します。

私が言っているのは愛の力のことです。

その愛は全生命の根源であり、宇宙を創造した大霊すなわち神の属性であるがゆえに、死滅することはありません。

それはまさに生命の息吹きでありエッセンスなのです。

この愛さえあれば、縁で結ばれた者どうしは、あらゆるハンディキャップ、あらゆる障害、あらゆる妨害を乗り越えて、いつかは必ずお互いを見出しあいます。
f0328373_2311096.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-09-03 22:51
神の摂理は完全です。

一人一人が過不足のない賞罰を受けます。

無限の叡智をもって、この全大宇宙を計画し、不変の法則によって支配している神は、そこに生活している者の全てのために摂理を用意しており、誰一人として、その働きから逃れることはできません。

懲罰と報復を混同してはいけません。

私たち(霊)は同じ問題を、あなた方とは別の視野で眺めております。

復讐心と憎しみによって世の中を良くすることはできません。

その邪心が判断力を曇らせ、決断を下すにも、計画するにも不適格な状態になってしまいます。
f0328373_22451372.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-09-02 22:36

霊訓中の霊訓


by ice-kiss