困難(タフ)な仕事は頑健(タフ)な人間にあてがわれます。

タフな人間にやさしい仕事を与えるのは無駄というものです。

厳しい使命が与えられるということは、その人が霊的に有能であることの指標です。

無知と迷信との闘いに臨む将軍は厳しい教練によって鍛えられていなければなりません。

さもないとその任に耐えられません。

ですから、矛盾しているように思えるかも知れませんが、仕事が困難であればあるほど、それだけ成就されるものも大きいということになります。
f0328373_22343566.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-05-13 22:35

神から授かっている理性

私たちはもはや書物や人物や権威を拠り所とはいたしません。

神から授かっている理性、これを拠り所とし、これに訴えかけます。

真理というものは“神聖”のスタンプを押されている書物から文句を引用することで広まるものではありません。

理性が納得しないといけません。

もしも私の述べることがあなたの理性にそぐわない時は、あっさりと拒絶なさってください。

しかし同時に、私の申し上げていることが人間の最高にして最上の本能に訴えていること、古い時代からの誤った知識を取り除いて、人間にとって大切な霊的真理をお届けしようとしていることも分かっていただけるでしょう。

地上で宗教と呼ばれているものは真理を基盤としなければなりません。

そして理性の攻撃に耐えきれないものは捨て去らないといけません。
f0328373_223028100.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-05-12 22:32
宗教的建造物には過去の無知な時代の産物に過ぎないものがたくさんあります。

神はいかなる建造物の中にも閉じ込められません。

神はどこにでもあまねく存在しているのです。

石を積み重ね、高い尖塔を立て、ステンドグラスの窓を取り付ければ神が喜ばれると思っているようですが、そんなものよりも、太陽の恵みが子らの心を明るく照らし、雨が作物を実らせることの方が、神はよほど喜ばれます。

ところが、そうした恵みと子らとの間にとかく宗教家と政治家と商売人が介在します。

こうしたものこそ取り除かねばなりません。
f0328373_23224156.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-05-11 23:23

霊界からの高等な教え

私は時おり“霊界からの高等な教え”とやらばかりを欲しがって自分は隣人・同胞のために何一つ役に立つことをしない人たちに嫌気がさすことがあります。

教えに“高等”も“低級”もありません。

成長するにつれて神の摂理の働きをより深く理解していくのです。

難解な教えを騒ぎ求めている人たちが、そんなことをやめて地上を少しでも住み良い場所、明るい場所 ー 空腹を抱えた人が飢えを満たし、のどを渇かした人が飲み水にありつき、貧しい人たちがその疲れた身体を横たえる家を得て神の恩恵に浴せるようにしてあげれば、それこそ“最高の教え”を実践していることになるのです。
f0328373_22533846.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-05-10 22:55
神の働きに何か特別なわくがあって、特殊な経路でしかその恩恵がもたらされないかに考える傾向がありますが、神の力はそれを受け取る波長をもつ人なら誰にでも与えられるものです。

要するに神の御心にかなった心掛けがカギです。

地上的名声も社会的地位も、肌の色も人種も、国家も階級も関係ありません。

どこであろうと、誰であろうと、神の御心にかなった人は真の大源から力を授かり、心が啓発され、魂が鼓舞され、造化の仕事に参加させてもらえるのです。
f0328373_225992.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-05-09 22:59

霊訓中の霊訓


by ice-kiss