ー 各自に守護霊がついているということですが、もしそうならば戦争のさなかにおいて守られる人と守られない人とがいるのはなぜでしょうか?

「その時点でのもろもろの事情によって支配されているからです。

各自に守護霊がいることは事実ですが、ではその事実を本当に自覚している人が何人いるでしょうか。

自覚がなければ、無意識の心霊能力を持ち合わせていないかぎり守護霊は働きかけることはできません。

霊の地上への働きかけはそれに必要な条件を人間の方が用意するかしないかにかかっています。

霊の世界と連絡のとれる条件を用意してくれれば、身近な関係にある霊が働きかけることができます。

よく聞かされる不思議な体験、奇跡的救出の話はみなそれなりの条件が整った時のことです。

条件を提供するのは人間の方です。

人間の方から手を差しのべてくれなければ、私たちは人間界に働きかけることができないのです。」
f0328373_2215189.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-07-15 22:03
誰であろうと、それぞれの事情に応じて自然法則が働きます。

法則の働きは完璧です。

原因に対して数学的正確さをもって結果が生じます。

その因果関係を髪の毛一本ほども変えることはできません。

刈り取らされるものは自分がタネを蒔いたものばかりです。

その魂には地上生活の結果が消そうにも消せないほど深く刻み込まれております。

摂理に反したことをした者はそれ相当の結果が魂に刻まれます。

その一つ一つについて然るべき償いを終えるまでは向上は許されません。
f0328373_22203299.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-07-14 22:13

正直に疑う人

私は決して正直に疑う人を非難しているのではありません。

もともと神は人間に理性的判断を賦与しております。

それは日常生活において行使すべく意図された神からの授かりものです。

理性を抑圧して理不尽なものを信じさせようとする者は光明へ逆らって生きていることになります。

理性に従う人間はその過程がいかに苦痛でいかに困難であろうと、そしてまたその結果、神聖にして侵すべからざるものと教え込まれた聖典に記されているものを放棄せざるを得なくなったとしても、少なくとも自分には正直であると言えます。
f0328373_21544426.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-07-13 21:47
皆さんがスピリチュアリズムと呼んでおられるものは自然法則の一部にすぎません。

宇宙の大霊すなわち神は宇宙を法則によって経綸し法則にのっとって顕現していくように定めたのです。

その法則が宇宙の全活動を統御しております。

宇宙のいずこにも ー 人間の知り得た範囲に留まらず人間の能力をはるかに超えた範囲においても ー 法則の行き届かないところはありません。

その法則の中に神の意志が託されているのです。

およそ人間のこしらえる法律というものには変化と改訂がつきものです。

完全でなく、全ての条件を満たすものではないからです。

が、神の摂理は考え得るかぎりのあらゆる事態に備えてあります。

宇宙間に発生するもので不測の事態、偶然の出来事というものは一つもありません。

全てが規制され、全てが統御され、全てに神の配慮が行き届いているのです。
f0328373_2272193.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-07-12 21:57
ー 地上で有名人だった人とは別に、霊界へ行ってから有名になった人がいるものでしょうか?

「もちろんですとも。

地上での名声は単なる“生まれ”に由来し、他に何の要因もない場合が多いものです。

生きざま、努力、苦労によってかち得たものでない場合が多いのです。

そうした中でまったく名を知られず偉大さを認められなかった人物が、霊界へ来てそれにふさわしい評価を受けている人が大勢、実に大勢いるものです。

魂こそ消そうにも消せないパスポートなのです。」
f0328373_2352942.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2014-07-11 22:59

霊訓中の霊訓


by ice-kiss