<   2017年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「犬や猫、その他、人間が可愛がっている動物が、飼い主より先に霊界に来ると、動物が好きなのにあまり動物と触れ合えなかった人間によって、世話をされます。

もちろん、獣医のような動物の専門家がちゃんと控えています。

それもやはり、地上で勉強したことがそのまま霊界で役に立っているのです。

知識は何一つ無駄にはされません。」

一 病気で死亡した動物の場合も、人間と同じように看護されるのですか?

「そうです。

そうしたチャンスを喜んで引き受ける霊が大勢います。」
f0328373_19475958.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-30 19:47
一 人間より動物の方が、心霊能力がすぐれている場合があるのはなぜですか?

「進化という観点から言えば、まだ人間になる段階に達していませんが、人間がいま送っているような文明を体験していないからです。

人間がもし文明の恩恵に浴さなかったら、もっと早く心霊能力が普通の能力になっていたはずです。

つまり、人間は文明と引き換えに、心霊能力を犠牲にしたのです。

動物には人間のような金銭問題もなく、社会問題もないので、本来なら人間が到達すべき段階に、人間より先に到達したのです。

人間は物的生活の必要性から、本来の心霊能力が押さえ込まれています。」
f0328373_14463782.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-29 19:43
神が動物に、霊的な息吹きを吹き込んだように、あなた方人間も動物に対して、同じことが出来るのです。

人間は神の一部です。

そのため進化の順序の中で、人間の次に位置する動物に対して、霊的な息吹きを吹き込む能力を持っています。

つまり動物との接触の中で、愛という霊的な力によって、動物の魂に個的意識を芽生えさせることが出来るのです。

それが、長い進化のプロセスを経て、やがて人間という頂点に達するのです。

愛が全生命のカギです。

動物でも人間でも、愛は死によって何の影響も受けません。

愛は宇宙の原動力です。

全宇宙を動かし、全てを制御し、全てを統治しています。

また愛は人間を通じて、他の生命に働きかけます。

人間同士でも、動物や植物に対しても働きかけます。

人間が可愛がる動物、犬、猫、その他のペットへ向けられる愛は、死とともに終わりません。

愛があるから生命は進化するのです。
f0328373_19473954.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-28 19:47
常に、希望と勇気を失わないで下さい。

冬の雪は絶望をもたらしますが、春が来れば、大自然は装いを新たに微笑んでくれます。

希望に胸をふくらませ、勇気を持って下さい。

どんなに暗い夜も、必ず太陽が昇る夜明けが来ます。

神は常にあなたを祝福し、神の無限の愛が、ふんだんにもたらされています。

神の霊が全ての人の魂に行き渡り、命の中で誇らしく輝いています。
f0328373_19253830.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-27 19:25

教会が障壁になっている

私たち霊はレンガとモルタル、祭壇と尖塔で出来た教会には、何の興味もありません。

何の魅力も感じません。

建物には全く関心がないのです。

私が関心を向けるのは魂です。

それで私は、神と人間の間にある障壁を取り除くことに奮闘しているのです。

が、不幸にして今日では教会そのものが、障壁になっているのです。

これほど大きな罪悪があるでしょうか。

神を一つの教会に局限することは出来ません。

一つの建物の中に閉じ込めることは出来ません。

神の力は、人間一人一人が神性を発揮する行動の中に、つまり自分を滅却した奉仕的行為、困窮した無力な他人のために身を捧げる献身的行為の中に、表れます。

それが神の働きです。

確かにキリスト教界にも、良い行いをしている真面目な人は、たくさん存在します。

が、私が非難しているのは、その組織です。

それが障害になっているからです。

是非とも取り除かねばならないからです。

真の宗教には儀式も祭礼も、美しい歌唱も詠唱も、きらびやかな装飾も豪華な衣装も式服もいりません。

宗教とは自分を役立てることです。

他人のために自分を役立てることで、神に奉仕することです。
f0328373_21003544.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-26 21:00
物質の世界で生きているあなた方人間は、実在から切り離されています。

あなた方にとっては、理解し難いことでしょう。

なぜなら、あなた方なりに何もかも、実感があり、実質があり、永遠のように思えるからです。

自分を表現している身体、地上という大地、住んでいる家、口にする食べ物、どれをとっても、実在と思いたくなります。

でも、それらはことごとく影であり、光ではありません。

あなた方は、五感に反応しない世界を想像できません。

従って、その想像を超えた世界での活動と暮らしを理解できないのは当然です。
f0328373_20393587.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-25 20:39
私たち霊の存在を疑う人がいるでしょう。

存在は認めても、影響力を疑う人がいるでしょう。

私たちは万能を主張するつもりはありません。

私たちも常に、数々の限界と様々な制約に直面しています。

しかし、私たちがあなたを援助できるという事実に疑う余地はないでしょう。

私たちには、霊力というパワーがあります。

これは宇宙の全生命を生み、それに形を与えている力です。

正しい環境と条件さえ整えてくれれば、私たちはそのパワーを使って、あなたを導き、保護し、援助できます。

それも、あなたという限られた一人のためでなく、あなたを通じて表れた霊力が、さらに他の人にも波及して、その人たちも霊的なパワーを受けるようになるのです。
f0328373_20103710.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-24 20:10
自分の荷は、自分で背負う義務があります。

日常の行動が、魂を高くすることも低くすることもあります。

内部に神性を宿していることは、今も、そしてこれから先も、永遠に変わりません。

変わるのは程度の差だけで、本質は変わりません。

向上進化は、その潜在的神性を多く表に出すプロセスです。

どんな教義や信条でも、過った行動がもたらす結果をねじ曲げることは出来ません。

私たち霊が説く神は、永遠不変の法則によって宇宙を統治しています。

その法則の働きによって、人間は地上人生で自らを裁くのです。
f0328373_20173872.jpg



[PR]
by ice-kiss | 2017-12-23 20:17
「私たち霊はこれまで何度か、地上で教会の中心的指導者だった人とともに、大聖堂や教会を訪ねたことがあります。

彼らは霊界に来て、間違いであることを知った教義が、今なお大げさに説かれているのを見ます。

そして、間違いと迷信で固められた組織を存続させた責任が、自分にもあることを知って、悲しみ、重苦しい気持ちになります。」

一 針のむしろに座らされる思いでしょう。

「罪滅ぼしなのです。

それが法則なのです。

どんな大人物も、自分の過ちは自分で責任を取らねばなりません。

一人一人が、自分の人生の代価を自分で支払うのです。

収支は永遠の中で、完全なバランスのもとに処理されます。

誰一人として、その法則から逃れることは出来ません。」
f0328373_20595160.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-22 20:59
鏡に映るあなたは、本当のあなたではありません。

本当のあなたの外形を見ているだけです。

身体は人間がまとう衣服であり、物質の世界で自分を表現するための道具に過ぎません。

その身体はあなたではありません。

あなたは永遠の霊的存在であり、神の一部です。

全大宇宙を支えている生命力、全天体を創造し、潮の干満を支配し、四季の巡りを規制し、全生命の成長と進化を統制し、太陽を輝かせ、星をきらめかせている、神の一部です。

その神と同じ神性を宿しているという意味で、あなたも神です。

本質的に同じです。

程度が違うだけで、基本的には同じです。

神は、あらゆる物的概念を超えた存在です。

全ての物的限界を超えています。

あなた方人間が想像する、どんなものよりも偉大な存在です。
f0328373_22273678.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-12-21 22:27

霊訓中の霊訓


by ice-kiss