<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

潜在力が目を覚ます機会

リラックスと言っても、椅子にふんぞり返ることとは違います。

身体の活動を中止し、静かに休息して内なる自分を取り戻し、その霊力が本来の威厳と力を発揮し、潜在力が目を覚ます機会を与えることです。

あなた方人間の世界には、そういう機会がありませんね。

目覚めている間にすることと言えば、ただ忙しくあっちへ走りこっちへ走り、その場限りの他愛ない楽しみを求めて、貴重な時間を費やしています。

そうした物的生活に心を奪われている魂のすぐ奥には、永遠に錆びることも色あせることもない、貴重な知識と叡智と真理の宝が、あなた方人間に使われることを待っているのです。

一度手に入れたら、永遠にあなた方の所有物になるのです。
f0328373_20105910.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-30 20:10
私たち霊が説くことの基本は “人のために自分を役立てる” という言葉に尽きます。

あなた方人間の世界のガンとも言うべき、利己主義に対して私たち霊は永遠の宣戦を布告します。

戦争を生み、流血を呼び、混乱を招き、破壊へ陥れる、物質万能主義を一掃しようと努力しています。

私たちが説く福音は、助け合いと協力と寛容と同情です。

お互いがお互いのために尽くし合う。

持てる者が持たざる者、足らざる者に分け与える。

真理を悟った人が暗闇にいる人を導くために、真理という名の財産を譲る。

そうあってほしいのです。

地上にはその精神が欠けています。

人間の一人一人が持ちつ持たれつの関係にあること、全ての人間に同じ神性が流れていること、神の目には全てが平等であること、霊的本性において完全に平等であるという考えを広める必要があります。

個性、成長、進化、悟り、これらにおいて、一歩先を行く人が後れている人に分け与えるという行動の中に偉大さがあるのです。
f0328373_20420130.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-29 20:41
女性は男性に比べて、知性よりも情緒によって支配されるために、弱い面があります。

しかしそれは決して悪いことではありません。

それだけ感受性が強いのです。

男性より繊細なために、それだけ私たち霊からの働きかけに敏感で、影響を受けやすいのです。

その点、男性はあまり情緒的ではありません。

男性は心より頭によって支配されています。

精妙な生命力の働きに女性ほど敏感ではなく、そのため情緒の自然な表れである喜びをあまり認識できないのです。

もちろん女性が情緒的であることにもマイナス面はあります。

心の痛みを男性よりも強く感じてしまうことです。

しかし、それも身体にはない魂の属性の一つであることに変わりありません。
f0328373_19215623.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-28 19:21
大いなる勇気を持って下さい。

大自然の中で生き、その変転きわまりない現象に接した人なら、その背後に法則が存在することに気づいているはずです。

その法則は少しの狂いもなく働いています。

神は大自然のすみずみまで配慮し、無限の変化を律しているように、人間の一人一人にも備えを用意して下さっています。

過ぎたことに未練を抱いても何にもなりません。

人生は過去ではなく、現在に生きなければなりません。

目を魂の内奥に向け、神が与えて下さった泉から潜在力を引き出し、信念から生まれる冷静さで人生に対処できるよう、力と安らぎを求めて祈りなさい。
f0328373_20000823.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-27 19:59
一 永遠の生命を考えると、地上でのこんな限られた物的体験に意義があるでしょうか?

「永遠も無数の小さな体験の総計から成り立ちます。

一つの体験、行動、言葉、思念にも、それがどんなに小さなものでも意義があります。

そうした細々とした体験の寄せ集めが、永遠を作るのです。

そのうちの一つが欠けても完全でなくなります。

たとえば、二、三百人から成るオーケストラの中で、トライアングルを一度だけ鳴らす人がいるとします。

分量から言えば全くささやかな存在ですが、もしもその人が、そのたった一回の演奏で音階を間違えたらどうなりますか。

オーケストラ全体が台無しになるでしょう。

分かりますね。

あなた方の地上人生の体験も同じです。

一つ一つが魂を鍛えるための一部、大切な一部なのです。

その体験は永久に魂に刻まれます。」
f0328373_20070238.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-26 20:06
そのうち心霊的能力が人間の当たり前の能力になる時代が来ます。

地上人類はいま精神的発達の段階を通過しているところです。

このあとには必然的に心霊的発達の段階が来ます。

人間が五感だけで宇宙と接触している、哀れな存在ではないことを、まず理解しないといけません。

五感で知り得る世界は、宇宙のほんの一部です。

それは物的手段で認識できるものに限られています。

人間は物質を超えた存在です。

精神と魂で出来ているのです。

その精神と魂にはバイブレーションがあり、そのバイブレーションに感応する、別次元の世界が存在します。

地上にいる間は物的なバイブレーションで暮らしますが、やがて死を経て、高いバイブレーションの世界が永遠の住処になる日が来ます。
f0328373_20164788.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-25 20:16

因果律の目的は魂の進化

一 地上でした罪は必ず地上で報いを受けるのですか?

「そういう場合もあれば、そうでない場合もあります。

因果律は必ずしも地上人生の間に果たされるとは限りません。

しかし、いつかは必ず果たされます。

必ず果たされます。

原因があれば結果があり、両者を切り離すことは出来ないのです。

しかし、いつ果たされるかという時間の問題になると、それはその原因次第です。

すぐに結果の出るものもあれば、地上人生中には出ないものもあります。

その働きには情状酌量といったお情けはなく、機械的に働きます。

罪を犯すと、その罪がその人の魂に記録され、結果を生み、それだけ苦しい思いをさせられます。

それが地上人生中に出るかどうかは、私たち霊にも分かりません。

それは様々な事情のからんだ複雑な機構の中で行われるのですが、因果律の根本の目的が魂の進化にあることは確かです。」
f0328373_21573154.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-24 21:57
一 人間一人一人に守護霊がついているのですか?

「受胎の瞬間から、またはそれ以前から、守護霊がつきます。

そして、その人の死の瞬間まで、与えられた責任と義務の遂行に最善を尽くします。

守護霊の存在を人間が自覚するとしないとでは大違いです。

自覚すれば守護霊も仕事がやりやすくなります。

守護霊は決まって一人ですが、援助に当たる霊は何人かいます。

守護霊には、その人のたどる道があらかじめ分かっています。

が、その道に関して好き嫌いは許されません。

つまり、この男性にしようとか、あの女性の方が良さそうだ、といった勝手な注文は許されません。

霊の世界は実にうまく組織されています。」
f0328373_20143197.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-23 20:14

進む時は共に進みます

一 弱肉強食の自然界を作り出した創造主が、どうして全てを愛する神なのでしょう?

「限りある知恵で無限の叡智を理解することは出来ません。

宇宙規模の問題を肉眼だけで見ても、つまり限られた知性で理解しようとしても、答えは得られません。

全体のごく限られた一部しか見えないからです。

確かに自然界には弱肉強食の一面があり、腹がすけば互いに食い合うこともしますが、それは自然界全体としては極めてささいな話です。

人間界と同じく動物界にも、調和と協力の原理が働いています。

チャンスがあれば、それが分かるでしょう。

それとは別に、人間としての責任もあります。

つまり、上に立つ者が下の者に持つ責任です。

人間も動物も、樹木や果実、花、野菜、鳥などと共に一つの生命共同体を構成しているからです。

全生命は、進む時は共に進み、後戻りする時は共に後戻りします。

ですから、人間が愛と慈悲と同情を発揮すれば、それこそオオカミと小羊が寄り添って寝そべるようになるでしょう。」
f0328373_20043708.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-22 20:04
一 霊界の医者はガンの治療法が分かっているのですか?

「あらゆる種類のガンが治せるという意味での特殊な治療法はありません。

全てが同じ原因ではないからです。

身体的原因のものもあれば、精神的原因のものも霊的原因のものもあります。

その全てを同じ方法で治すことは出来ません。

私たち霊が地上の問題に関わる時、制約があることを理解して下さい。

人間から頼まれて “その問題はこうしなさい” といった調子で受けることは出来ません。

地上の人間は人間なりの努力をして解決しなければなりません。

ただし人生観が間違っていたり、動物に苦痛を与える実験をしたり、要するに援助を受ける資格がない状態でいくら努力をしても、治療法は見つかりません。」
f0328373_20340612.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-09-21 20:33

霊訓中の霊訓


by ice-kiss