<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

私たち霊からあなた方人間に、プレゼントが出来るなら、何よりあげたいものは “霊的視力” です。

この薄暗い地上に生きているあなた方を、私たちは心から気の毒に思うのです。

あなた方は身のまわりにある輝きを知りません。

あなた方は美しい宇宙を見ることが出来ません。

物質という霧が全てを遮断しています。

それはちょうど厚い雲によって、太陽の光が遮られているようなものです。

その輝きを一目見たら、この世には悩むことは何もないことが理解できます。
f0328373_19260882.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-31 19:25
今と昔を比べるために、過去のページをひもといてみなさい。

そこに背後霊による指導のあとが見えるはずです。

霊的知識に恵まれた人は、決して首をうなだれることなく、脇目もふらず、前に進めるようでなくてはいけません。

背後霊は決して見捨てないことを知っているはずです。

人間が神に背を向けることはあっても、神は決して人間に背を向けることはありません。

無限の可能性を秘めた、大宇宙の法則と調和して生きる限り、必要な援助は必ず与えられます。

これは決して忘れてはならない、大切な真理です。
f0328373_19492326.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-30 19:49
人間は物質の中に埋もれた生活をしているために、バイブレーションが低くなっています。

朝目を覚まし、まだ意識が完全に働かないうちから、わずらわしいことや心配事の波にのみ込まれていきます。

大きい悩み、小さい悩み、真実の悩み、取り越し苦労に過ぎないものなど色々あります。

全ては一時的なものに過ぎないのですが、そういうものに心を奪われてしまうと、背後で霊が働いてくれていることを忘れ、あなた方の思考から霊的要素を閉め出してしまい、霊的流入を遮断する壁を作ってしまいます。
f0328373_20511874.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-29 20:51
困難にグチをこぼしてはいけません。

困難が魂を成長させるのです。

もちろん困難の渦中では、それを有難いと思うことは出来ないでしょう。

辛いのですから。

しかし、あとでその時を振り返ったら、それがあなたの魂の目を開かせる上で、一番役に立っていることを知って、神に感謝するに違いありません。

この世に生まれてくる霊魂が、みな楽な暮らしを送っていては、そこには進歩も開発も達成もありません。

これは厳しい辛い教訓ですが、何事も価値あるものほど、その達成には困難がつきまとうのです。

魂の宝は簡単に手に入りません。
f0328373_19264294.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-28 19:26
悲しみは魂に悟りを開かせる数ある体験の中でも、特に深い意味があります。

悲しみが魂に触れた時、一番よく魂の目を覚まさせるのです。

魂を目覚めさせるためには、よほどの体験を必要とします。

悲しみ、無念、病気、不幸は地上の人間にとって教訓を学ぶための大切な手段です。

もしもその教訓が簡単に学べるなら、それはたいした価値のないものです。

悲しみの極み、苦しみの極みで学べるものだからこそ、それを学ぶだけの準備の出来ていた魂にとって深い価値があるのです。
f0328373_19173433.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-27 19:17
神の帳簿は一円の間違いもなく、収支が合うようになっています。

つまり人間の行動の一つ一つに、賞と罰が正確に与えられます。

原因があればそれ相当の結果があるのです。

どんな苦難にもそれ相当の償いがあり、体験を積めばそれ相当の教訓が身につきます。

片方がなければ、もう一方もありません。

体験もせずに、どうして教訓が得られるでしょう。

そして教訓を学んだ時から、その教訓を生かす義務が生じます。

何も知らずに犯す罪よりも、悪いと知りつつ犯す罪の方が重いに決まっています。
f0328373_19354417.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-26 19:35
霊は生命であり、生命は霊です。

霊のないところに生命はありません。

物質は殻です。

霊という実在によって投影された影です。

物質自体に存在はないのです。

あなたが存在し、呼吸し、動き、考え、判断し、反省し、要約し、決断し、勘案し、熟考できるのは、あなたが霊だからです。

霊があなたの身体を動かしているのです。

霊が離れたら最期、その身体は崩壊して元の土くれに戻ります。

物質を崇拝している人間は、間違った偶像を崇拝しています。

そこに実在がないからです。

物質は一時的な存在に過ぎません。

霊は全ての存在を形成する基本的素材だからこそ永続性があります。

人間という形で表現されている生命力は、鳥、動物、魚、木、草花、果物、野菜などに表現されているものと同じ生命力です。

どんな形でも、生命のあるところには必ず霊が働いています。
f0328373_19404611.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-25 19:40
地上に生まれる時、地上ですることを魂はちゃんと知っています。

何も知らずに生まれてくるのではありません。

自分にとって必要な向上進化を促進するには、こういう環境で、こういう身体に宿るのが最も効果的と判断して、魂自ら選ぶのです。

ただ、実際に肉体に宿ってしまうと、その肉体の鈍重さのために誕生前の自覚が、魂の奥に潜んだまま、通常意識に上がって来ないだけです。

あなた方人間にとっての大きな問題点は、やむを得ないことですが、人生を間違った視点から観ていることです。

つまり、あまりにもこの世的、物質的観点からのみ人生を考えていることです。

人生には確かに地上的な要素がありますが、同時に霊的なものであり、永遠に続くものです。

その永遠なるものを、地上的視野だけで眺めてはいけません。

それでは完全な判断は出来ません。

人間には一人の例外もなく、善悪ともに埋め合わせの原理が働くのですが、地上人生だけで判断しようとすると、全ての要素が考慮できません。
f0328373_19335374.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-24 19:33
私たちを互いに結びつけているのは、神の絆です。

その神の絆が私たちの全てを取り囲み、神の愛の抱擁の中に私たちはいるのです。

これまでに与えられた真理に忠実に生きる限り、その愛に満ちた抱擁を弱らせる出来事は、宇宙のどこにも起きません。

神は私たちを見捨てません。

私たちも神を見捨ててはいけません。

全生命は定められたコースを忠実にたどっています。

地球は地軸を中心に自転し、潮は満ちては引き、恒星も惑星も定められた軌道上を進み、春夏秋冬は永遠の巡りを繰り返しています。

種子は芽を出し、花を咲かせ、枯れ、再び新しい芽を出すことを繰り返しています。

色とりどりの鳥が楽しくさえずり、木は風に揺れ、このように全生命が法則に従っているのです。

私たちは、神の懐の外に出ることは出来ません。

私たちもその一部だからです。

どこにいても私たちは、神の無限の愛に包まれ、神の腕に抱かれ、神の力の中に置かれていることを忘れないで下さい。
f0328373_18592829.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-23 18:59

本当のあなたは霊です

大勢の人が、真の実在であり全ての根源である霊的本性に全く気づかず生きています。

こうして生きているのは霊的存在だからであること、それが肉体を道具として生きているということが理解できないのです。

人間には霊がある、魂があると信じている人でも、霊を持った肉体と思っています。

本当は肉体を持った霊なのです。

つまり、本当のあなたは霊です。

魂であり、神であり、永遠です。
f0328373_19170662.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-22 19:16

霊訓中の霊訓


by ice-kiss