<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

敵は心配だけです

「あなたは何一つ心配することはありません。

愛に守られ、前途にはいつも導きがあるという知識に、絶対的な信頼を置いて前進しなさい。

来る日も来る日もこの世的な雑用に追いまくられていると、背後霊の働きがどんなに身近なものかを実感することは難しいでしょう。

しかし事実、常にまわりに存在するのです。

あなたが一人ぽっちでいることは、決してありません。」

一 そのことはよく分かっています。
何とかして取り越し苦労を克服しようと思います。

「そうです。

敵は心配だけです。

心配と不安、これは是非とも征服すべき敵です。

日々起きる出来事の一つ一つに、きちんと取り組みなさい。

そうすれば、片づける力が得られます。」
f0328373_21523368.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-28 21:52
一 憑依される人間は、それなりの弱点を持っているからではないかと思っています。
つまり、土のないところにタネを蒔いても芽は出ないはずです。

「そうです。

もともとその人間に潜在的な弱点がある、つまり身体と精神と魂の関係のバランスが崩れているのです。

邪霊を引きつける条件があるのです。

アルコールの摂りすぎの場合もあるでしょう。

薬物中毒の場合もあるでしょう。

度を越した虚栄心や利己心が原因になることもあります。

そうした要素がきっかけになり、地上の欲望を今一度満たしたがっている霊を引きつけます。

意識的に取り憑く霊もいますし、無意識に取り憑く霊もいます。」
f0328373_21475570.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-27 21:47
「自分が霊的存在であり物的存在ではないこと、地上人生の目的が魂の開発と発達にあることを全ての人間が理解すれば、これほど厄介な野獣性と暴力の問題は起きなくなるでしょう。」

一 そうなれば当然戦争は起こりませんね。

「人類の全てが霊的本性を意識し、一人一人の間にスピリットという不変の絆があり、その絆が全員を神の家族にしていることを理解すれば、地上から戦争が消滅します。」
f0328373_22305856.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-26 22:30
「人生の究極の目的は、地上も死後も、魂を開発することです。

物質界に誕生するのもそのためです。

その目的にあった地上人生を送れば、魂はふさわしい発達を遂げ、霊界生活に正しく適応できる霊的本性を身につけた時点で、死を迎えます。

そのように計画されているのです。

霊界へ来てからも同じプロセスが続き、そのつど魂が開発され、そのつど古い身体から脱皮し霊妙さを増し、内部に宿る潜在的な完全さに近づいていきます。」

一 人間の身体を見ても、その人の送っている邪悪な生活が反映している人を、よく見かけます。

「当然そうなります。

心に思うままがその人となります。

その人の行動がその人の本性に反映します。

死後のどの界層でも同じことです。

身体は精神の召使いではなかったでしょうか。」
f0328373_21425419.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-25 21:42
宇宙を創造した神は愛に満ちた存在です。

私たち一人一人を創造したその愛の力を信頼し、全てはなるべくしてそうなっているのだということを理解しなくてはいけません。

今は理解できないことも、そのうち明らかになる時が来ます。

決して口先だけで適当なことを言っているのではありません。

現実にそうだからそう言っているのです。

あなたはまだ人生を物質の目で見ていますが、永遠なるものは地上の尺度では正しい価値は分かりません。

そのうち正しい視野が持てるでしょう。

本当に大事なもの 一 生命、愛、本当の自分、こうしたものはいつまでも存在し続けます。

死は生命に対しても愛に対しても無力です。
f0328373_22000719.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-24 21:59
魂に関わるものは決して失われません。

死は消滅ではありません。

魂が別の世界へ解き放たれるための手段です。

誕生が地上に入る手段なら、死は地上から出る手段です。

あなたはその肉体ではありません。

その頭でも、目でも、鼻でも、手足でも、筋肉でもありません。

つまりその生物的集合体ではないのです。

それはあなたではありません。

あなたという霊的存在が、地上で自分を表現するための道具に過ぎません。

それが地上から消滅した後も、あなたという魂は存在し続けます。

死ぬと魂は、それまで身につけたもの全て 一 あなたの個性的所有物の全てを携えて霊界へ行きます。

意識、能力、特質、習性、性癖、さらには愛する力、愛情と友情と仲間意識を発揮する力、こうしたものは全て霊的所有物であり、霊的だからこそ存続するのです。

本当にあなたのものは失われません。

本当にあなたの所有物になっているものは失われません。

そのことをあなたが理解できるできないに関わらず、そしてまた確かに、その全てを理解することは簡単ではありませんが、あなたが愛する人、あなたを愛する人は、今なお霊界で生き続けています。
f0328373_22112965.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-23 22:11
私たち生あるものは全て霊的存在です。

スピリットだから生きているのです。

スピリットこそ存在の基本です。

生きとし生けるものが、呼吸し、動き、意識を働かせるのは、スピリットだからです。

そのスピリットが神です。

そのスピリットの一部、つまり神の一部が物質に宿り、霊界生活にふさわしい力を身につけるために体験を積みます。

それはちょうど、子供が学校へ行って卒業後の人生に備えるのと同じです。

あなたも他の全ての人と同じく霊的存在です。

物的なものはそのうち色あせ、朽ち果てますが、霊的なものは永遠であり、いつまでも残り続けます。

物質の上に築かれたものは長続きしません。

物質は殻であり、ただの入れ物であり、実質ではないからです。
f0328373_21544621.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-22 21:54
あなたは本当に勇気のある人ですね。

でも勇気だけではダメです。

知識が力になることがあります。

大切な知識や偉大な悟りは、悲しみと苦しむという魂の試練を通して得られるということを理解して下さい。

人生はこの世だけでなく、あの世でも一側面のみ、一色のみでは成り立ちません。

光と影の両方が必要です。

光の存在を知るのは闇があるからです。

暗闇がなければ光もありません。

光ばかりでは光でなくなり、闇ばかりでは闇でなくなります。

同じように、困難と悲しみを通して魂は自分を見出すのです。

もちろんそれは簡単ではありません。

とても辛いことです。

でもそれが魂に永遠の身支度をさせるのです。

なぜなら地上人生の目的が、地上を去った後に待ち受ける霊界生活に備えて、必要な霊的成長と才能を身につけることだからです。
f0328373_14290233.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-21 20:27

発達と完全への旅も無限

神とは全存在の究極の始原です。

全ての大原因であり、大建築家であり、王の中の王です。

スピリットが生命であり、生命がスピリットです。

スピリットとして人間は、始まりも終わりもなく存在しています。

それが “個人” としての存在を得るのは、母胎に宿った時です。

物的身体はスピリットに個人としての存在を与える道具です。

地上人生の目的は、その個性を表現することです。

霊界への誕生である死は、その個性を持つスピリットが、巡礼の旅の第二段階を迎える門出です。

つまり魂の内部に宿る全資質を、発達させ、促進させ、開発させ、完成させ、全存在の始原により一層近づくということです。

人間はスピリットである以上、潜在的には神と同じく完全です。

しかし私は人間は神の中に吸収される時は来ないと思います。

神が無限であるように、発達と完全への旅も無限であると思います。
f0328373_19381906.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-20 19:38
ストレスと難問の尽きない時代に、正しい知識を手にした人は、真理のメッセンジャーとしての自覚を持たねばなりません。

残念ながら、豊かな知識を手にし、悲しみの中で大きな慰めを得た人が、その本当の意義を取り損ねていることがあります。

霊媒能力は神聖なものです。

いい加減な気持ちで携わってはならない仕事です。

ところが不幸なことに、大半と言ってよい霊媒が自分の能力を神聖なものと自覚せず、苦しむ人、弱い人、困窮している人のために、営利を度外視して我が身を犠牲にするところまで行きません。

また、真理の啓示を受けた人 一 長い間取り囲まれていた暗闇を突き破り、目が眩むような真理の光に照らされ、目覚めたはずの人間の中にさえ、我欲が先行し、滅私の心を忘れている場合が多いのです。

まだまだ浄化が必要です。

まだまだ精進が足りません。

まだまだ霊的再生が必要です。
f0328373_21011971.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-19 21:01

霊訓中の霊訓


by ice-kiss