<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

一 あなたは何をもって “死んだ” と判断すべきだと考えますか?
この地球という惑星へ別れを告げる時、つまり物的身体と別れるのは……。

「知っている通り、人間には魂が宿っています。

その身体を生かしている、神性を帯びた実在です。

そしてその魂によって活力を与えられて初めて存在を得ている物的身体を備えています。

魂が最終的に引っ込んだ時 一 この “最終的に” というところをここで特に強調しておきます。なぜなら、一時的ならば毎晩寝入るごとに引っ込み、朝目が覚めると戻っているからです。

魂が最終的に引っ込んでしまえば、物的身体は活力源を失うので死が訪れます。

霊視能力を持った人が見ると分かりますが、霊体と肉体とをつないでいるコードが伸びていき、それがついに切れた時、両者の分離が最終的に完了します。

その分離の瞬間が死であり、そうなったら最後、地上のどんな手段をもってしても、肉体を生き返らせることは出来ません。」
f0328373_21292144.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-10 21:29
教会で行われる婚礼では、 “死が二人をわかつまで” という言い方をしますが、もしも二人が霊的に結ばれていなければ、死が訪れる前から二人は別れています。

そこに愛があれば、二人を別れさせるものは何もありません。

愛は宇宙における強力なエネルギーの一つです。

ひたすら人類のために働いている、霊界の高級霊を動かしているのも愛なのです。

私たち霊は自分自身のことは何一つ求めません。

崇拝して頂こうとは思いません。

敬って頂こうとも思いません。

もしも私たちが何かの役に立てば、そのことを神に感謝して頂き、自分が恩恵を受けたそのお返しに、他人へ恩恵を施して下されば、それでいいのです。
f0328373_21504890.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-09 21:50
どんな現象にも自然法則が働いていて、それはどんな力によっても停止されたり、廃止されたりすることはあり得ません。

原因に従って結果が生じるという整然たる因果律にのっとって働くほかはないのです。

過去において発生したものも、それがどんなに目を見張るものであろうと、どんなに度肝を抜くものであろうと、どんなに途方もないものであろうと、どんなに驚異的なものであろうと、必ず自然法則の働きによって生じていたのです。
f0328373_21201601.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-08 21:20
真実が表現されているところには、必ず価値あるものが生まれます。

スピーチも奉仕的精神を生むものであれば結構です。

ただ聞くだけで終わるスピーチでは無意味です。

聴衆をいかにも平和の味方であるかの気分に浸らせるだけの、キザなスピーチではいけません。

私が望むのは、実際の行動です。

人のために役立つことです。

弱者に勇気を与え、病気の人を癒し、悲しむ人を慰め、家のない人を雨風から守ってあげ、物質世界の汚点である虐待行為の全てに終止符を打って頂きたいのです。

お互いがお互いのためになることをする以外に、平和の道はありません。

全ての人間が助け合いの精神に満たされ、人のためになる行為を実践するまでは、平和は来ません。

これまで続けられてきた終戦記念日も、今日では次の戦争のための小休止でしかありません。
f0328373_21071182.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-07 21:06
聖書にも “地球とそこにあるもの全ては主のものなり” とあります。

これは、人間は地上のものは何一つ所有できない 一 自分のものとはなり得ないことを意味します。

地上にいる間だけ、借りて所有しているようなものです。

永遠に自分のものではありません。

地上のゴタゴタは、皆が自分が一番いいと思うものを、少しでも多く自分のものとしようとする 一 一番悪いものを欲しがる人はいません 一 そこから生じています。

その結果として、強欲、貪欲、私利私欲が王座に祭り上げられ、物欲第一主義が新しい神として崇拝されることになります。

地上には物欲優先の副産物が、見るも痛ましいほどはびこっています。

悲劇、卑劣行為、飢餓、栄養失調、残虐行為、動物実験、こうしたものは全て物欲を優先させることから生じる、恐ろしい産物です。
f0328373_21155394.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-06 21:15
地球は生命活動の場の一つに過ぎません。

これからもっともっと多くの生活の場を体験することになっています。

それが永遠に続くのです。

地上生活なんかいい加減に送ればよいと言っているのではありません。

あなたが送る全生活の、ほんの一欠片に過ぎないことを言っているのです。

その地球を、より良い生活の場にするために努力して下さい。

地球は宇宙の惑星の中でも、最も進化の低い部類に属します。

が、それなりの進化の目標があります。

同時に、進化とは永遠の過程でもあります。

完全は永遠に達成できないのです。

なぜなら、完全に近づけば近づくほど、その先にまだ達成すべきものがあると悟るからです。
f0328373_21272894.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-05 21:27
“個” が集まって地上人類全体が出来上がっているのです。

一人でも多くの “個” が貪欲と強欲と残虐と横暴を止めれば、その数だけ平和に貢献するのです。

あなたはあなたの生活、あなたの行為、あなたの言葉、あなたの思念に責任を負うのです。

他人のしたことで、償いをさせられたり報酬を受けたりすることはありません。

それが法則なのです。

平和を求めて祈り、霊界の高級霊に協力しようとする努力は必ず報われます。

人間の協力を得て初めて霊力を地上へ届け、戦争や暴力行為、その他、地上の文明を混乱させ、存在を脅かすもの全てに終止符を打たせることが出来るのです。

しかし、これより先もまだまだ地上から戦火の消えることはないでしょう。

なぜなら、人類全体が一つの巨大な霊的家族であるという、この単純な真理が未だに理解されていないからです。

肉体は撃ち殺せても魂は死なないのです。

この事実が世界各国の国政をあずかる人たちによって理解され、その関連分野を通じて実行に移されるようにならない限り、戦争の勃発は避けられないでしょう。
f0328373_22172586.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-04 22:17
若者が、その持てる強烈なエネルギーを社会のために活用する分野はたくさんあります。

不幸なことに、正しい指導を受けていない若者が多すぎるのです。

が、正しい指導を受けた場合、そしてまた、霊的な動機づけから行動した場合は、心が洗われるようなことをやってのけます。

若者が若者としてのベストを見せた時は、敬服に値するものを発揮します。

道を誤ると、手の施しようがないほどみじめなことになります。

皆さんは、暴力やテロ行為が生み出す陰惨さに巻き込まれないようにしないといけません。

超然とした態度、俗世にあって俗世に染まらない生き方を心掛け、自分の霊的本性、神から授かった潜在的可能性を自覚して、せめて皆さんだけでも、小さいながらも霊的な灯台となって、導きの光を放ってあげて下さい。
f0328373_20484375.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-03 20:48

心配の念を捨てなさい

大切なのは、取り越し苦労をしないということです。

心配の念は私たち霊界から援助する者にとって、非常に厄介な障害です。

拒否的性質があります。

腐食性があります。

恐れ・心配・不安、こうしたものはその人を包む物的・精神的・霊的雰囲気を乱し、私たち霊が近づくのを一段と困難にします。

真理を知った者は、それがわずかであっても 一 たとえ多くを知ったとしても、無限の真理からすればタカが知れています 一 いついかなる事態に直面しても、穏やかで平静で受容的態度を維持すべきですし、また、そう努力すべきです。

全生命に存在を与えている霊力より強力なものはないとの、断固たる自信に満ちていなければなりません。

何度でも繰り返し言える、私たち霊からのメッセージがあるとすれば、それは “心配の念を捨てなさい。そうすれば内部に静穏が得られます。内部が静穏になれば外部も静穏になります” ということです。
f0328373_21404000.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-02 21:40
「心から人のためという気持ちになれば、必要なものはそのうち必ず揃うものです。

霊的なものを優先した仕事をする人は、必ず私たち霊が援助の手を差しのべていることを、知って下さるはずです。

大自然の法則として、誰一人見落とされることも、忘れ去られることもないのです。

神の力を信じて、その意志が働く通路を神に提供してあげて下さい。」

一 ずいぶん簡単なことのように言いますが……。

「事実、簡単なのです。

地上にはややこしく考えるのが上手で、分かったような分からないような結論を出す人が多すぎます。

そこで幼な子のごとき素直さで、問題の核心に一直線に突き進む態度が要請されるのです。」
f0328373_21582597.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-01 21:58

霊訓中の霊訓


by ice-kiss