<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

何事も動機が大切です。

愛国心でも、自分の国家と国民のことだけを考えて、よその国のことは一切眼中にないようでは、それは一種の利己主義です。

最高の指針となるのは、人のために役立つこと、思いやり、謙虚さ、寛容心、協調性といった形で表現される愛です。

愛は宇宙最大の力です。

あなた方は人間です。

完全ではありません。

完全は地上では絶対に達成されません。

霊界でも達成されません。

絶えず発達し進化し伸びていく存在です。

内部には神性を帯びた潜在力が秘められています。

また、一定限度内での自由意志も授けられています。

あなたは、神の意図された通りのイメージに従って行動し、内部の神性を発揮することも出来ますし、低級な感情と欲望のおもむくままに生き、永遠の持ち物とはならない俗物を求めるだけの人生で終わることも許されます。

それは神が地上の全ての人間に与えた自由選択の権利なのです。
f0328373_23474942.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-21 23:47
もしも人生が一本調子のものだったら、もしも光だけで闇がなかったら、もしも楽しいことばかりで苦しいことがなかったら、食べるものに事欠かず空腹を知らなかったら、その光も、楽しいことも、食べられることの有難さも分からないはずです。

人生の目的と可能性についての理解をもたらしてくれるのは、その両極性です。

愛と憎しみは正反対であると同時に相等しいものです。

愛を憎しみに変えることが出来るように、憎しみを愛に変えることも出来ます。

鋼(はがね)が溶鉱炉から取り出されて鍛えられるように、金塊が製錬されて初めて純金となるように、ダイヤモンドが磨かれて初めて輝きを見せるように、魂も辛酸をなめて初めて真の自分に目覚めるのです。

それ以外に、地上で魂が目覚め活動を開始するための手段はありません。

苦痛や困難は不幸なことのように思われがちですが、本当はそうではありません。

各自の霊的進化にとって、それなりの役割があるのです。

あなたの為すべきことは、あなたのもとに導かれてくる人に、あなたなりの援助をしてあげることです。
f0328373_21344186.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-20 21:34
地上は今とても病んでいます。

あまりに多くの人が、調和の乱れた生活環境が生み出す、ストレスと不自然さによって病気になっています。

自ら “文明” と呼んで誇っているものが実は、本来ならエネルギーを供給してくれる大自然から人間を絶縁させているのです。

そのために人間のバッテリーである魂が枯渇していて、それを霊力によって再充電してあげなくてはならないわけです。

それが効を奏してバッテリーが働きはじめると、身体と精神と魂の間に調和が戻ります。

それが健康です。

神はその無限の叡智によって、人体の骨格とその関連器官を、霊的な自然治癒力が働くように作ってあるのです。

その身体と精神と魂という三位一体の関係が乱れた時に、病気になるのです。

健康とは全体の調和状態のことです。
f0328373_22231481.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-19 22:23
何事も自然が大切です。

気負わず、受身の心境になり、迷ったり不安に思ったりせず、信念を持つことです。

ここまで導いてくれた霊の力は、これから先も裏切ることはしません。

あなたをしっかりと保護している愛の腕がほどかれて、あなたをおっぽり出すことはしません。

あなたはあなたなりに自然に振舞って下さい。

そうすれば霊側としての役目を果たします。

その準備としてまず、 “静寂の時” を持つように心掛けて下さい。

日常生活の喧騒から離れた状態へ身を引くのです。

すると内部の霊力がより大きく現れて、人のための仕事をする上で必要な落ち着きと調和と愛と寛容が整います。

あせってはいけません。

じっくりと構えるのです。
f0328373_21554677.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-18 21:55
太陽がさんさんと輝き、何不自由ない安楽な生活の中で、果たして自意識の開発が望めるものでしょうか。

試練を経ずに魂の崇高性が発揮されるでしょうか。

何一つ学ぶことのない生活を送っていて、一体どういう精神的発達が望めるでしょうか。

そのうちあなたも地上生活を振り返って、 “厄介な問題こそ有難かったのだ。あの苦労があったからこそ人生の目的を悟り、自意識の開発の道が見出せたのだ” と思われる日が来るでしょう。

人生の出来事の一つ一つに償いがあり、差し引き勘定がきちんと行われるようになっています。

神に手違いは絶対にありません。

過去を振り返ってみれば、あなたの人生も間違いなく霊の導きにあずかっていることが分かります。
f0328373_22260653.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-17 22:25

汝ら心を上げよ

ラテン語の sursum corda (スルスム コルダ) という言葉をご存知でしょうか。

“汝ら心を上げよ” という意味です。

霊の崇高な力、宇宙最高の力、光と美と荘厳さと威力に満ちたエネルギーについては、すでに十分な証を見せています。

それは絶対に裏切ることはありません。

あなた方は、人間としての最善を尽くしていればいいのです。

私たち霊はそれ以上のことを要求しません。

そして今のラテン語の通り、決して悲観的にならないことです。

皆さんは太陽の光を見たのです。

もしもそれが雲によって遮られた時は、その雲はいつか消えて、また明るい太陽が顔をのぞかせるのだと自分に言い聞かせるのです。

あなたの目に見えなくても、太陽は常に照り輝いているのです。
f0328373_21491316.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-16 21:49
自分で精一杯のことをする 一 私たち霊から皆さんに要求するのは、それだけです。

もしもあなたが完璧に振る舞える方だったら、今この地上にはいないでしょう。

あなたは他人のために役立つことが出来るという測り知れない光栄に浴しています。

それがあなたにとって地上における最大の貢献です。

あなたはそのために生まれて来たのです。

地上へ誕生して来る魂には、例外なく自分自身の開発のチャンスが用意されています。

誰一人として放ったらかしにならないように、法則が出来上がっているのです。

それは絶対不変ですし、しくじることがありません。

四季は間違いなく巡ります。

潮は数学的正確さをもって満ち引きします。

花、小鳥、樹木、自然界の全生命が、その素晴らしい配剤を生んだ神への讃歌を奏でています。

私たち霊も決して皆さんを放ったらかしにはしません。

引き上げてしまうことはありません。
f0328373_21264188.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-15 21:26

霊的教育が欠如している

霊力をいつ行使するのが適切かの判断は、あなた方人間には出来ません。

全て当人の魂の発達程度によって決められるのです。

もし受け入れる用意が出来ていると見た時は、ただちに行います。

もし受け入れる段階ではないと見た時は、私たち霊にもなす術(すべ)がないのです。

地上に霊的教育が欠如していることは間違いありません。

また虚栄心、うぬぼれ、指導霊崇拝が、はびこっていることも残念ながら事実です。

基本的な真理がおろそかにされて、実質的には地上に何の益ももたらさない脇道が開拓されています。

が、あなたがもし私たち霊と同じ位置に立って眺められたら、明日はどうなるかについての一切の心配も恐れも不安も消えてしまうでしょう。

あなたの背後には、宇宙最大の霊力が控えているのです。

その力は決して裏切りません。
f0328373_23071739.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-14 23:07
過ぎ去ったことは忘れることです。

すでに後ろのものとなりました。

前にあるものが大切です。

言うまでもなく、今あなたが味わっている結果を生み出した原因は過去にあります。

しかし同時にあなたは、これから結果を生み出す原因を今、作りつつあるのです。

良いタネを蒔くように努力することです。

月並みなことを言うようですが、やはり真実です。

取り越し苦労はいけません。

心配は無知から生じます。

真理の光の中で生きることです。

地上は、あなたがこれまで大勢の人に色々とお世話になったように、他人のために自分を役立てるためのチャンスを与えてくれるようになっています。

道は必ず開かれます。

あなたは人間である以上、色々と間違いを犯します。

弱点を持っています。

長所ばかりではありません。

人間味の本質は、欠点があることです。

だからこそ地上へ来ているのです。

その地上で完全を成就することは不可能です。

しかし、いつかは生活することになる次の世界に備えて、地上にいるうちに教訓を身につけていくのです。
f0328373_00150433.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-14 00:14

苦しい道こそ有難い

人生には何事にも二面性があります。

光があれば闇があります。

安らぎがあれば苦労があります。

もしも晴天の日ばかりだったら、晴天の有難さは分からないでしょう。

時にはイヤな思いをさせられる体験を通して、ある事を学ばされることがあります。

いつか皆さんも霊界へ来て、地上生活を振り返った時は、きっとこう思われるでしょう。

“一番大切な教訓を学んだのは、生活が楽だった時ではなく、嵐が吹きまくり、雷鳴が轟(とどろ)き、稲妻が走り、太陽が雲にさえぎられて、全てが暗く絶望的に思えた時だった” と。

魂が内在する可能性を発揮するのは、逆境の中にある時こそです。

のんきな生活の中では霊性は磨かれません。

苦しい道こそ有難いのです。
f0328373_23554255.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-12 23:55

霊訓中の霊訓


by ice-kiss