<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

一つ、人生の秘訣を教えましょう。

ドアをノックしてみても開けてくれない時は、無理してこじ開けようとしてはいけません。

軽く押してみるのです。

それでもし開いたら、あなたの進むべき道がそこにあるということです。

閉め切られた道は通れません。

絶対に開かないドアを叩き続けて、無駄な時間と労力を浪費している人間が多すぎます。

あなたに必要なものが十分に用意されれば、あとはドアをそっと押してみるだけでよくなります。

それまでは、どこにいても人のためになることを心掛けることです。

手を差しのべるべき人は、どこにでもいます。

決して大ゲサな催しをする必要はないのです。

悲しみの中にある人に、優しい言葉を掛けてあげるだけでもよろしい。

沈んだ人の肩にそっと手を掛けて、力づけてあげるだけでもよろしい。

病の人に早く治りますようにと、祈りの気持ちを送ってあげるだけでもよろしい。

むろん実際に治療してあげるに越したことはありません。
f0328373_23255887.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-20 23:26
一人一人の人間が、自分の行為に自分で責任を取ります。

それが自然法則なのです。

いかに愛する人とは言え、その人に代わってあなたが責任を取るわけにはまいりません。

その人の行為の結果を、あなたが背負うことは出来ません。

それを因果律と言うのです。

過ちを犯したら、過ちを犯した当人がその償いをする 一 霊的法則がそうなっているのです。

地上世界には、不正、不公平、不平等がよく見られます。

不完全な世界である以上、それはやむを得ないことです。

しかし霊的法則は完全です。

絶対に片手落ちがありません。

一つの原因があれば数学的正確さをもって、それ相応の結果が生じます。

原因と結果を切り離すことは出来ません。

結果は原因が生み出すものであり、その結果がまた原因となって、次の結果を生み出していきます。

その関係が終わりもなく続くのです。

もしもその因果関係が人為的に変えられ、利己主義者が博愛主義者と同じように霊的に成長することが可能だとしたら、それは神の公正を根底から愚弄(ぐろう)することになります。

自分が蒔いたタネは自分で刈り取る 一 そうあらねばならないのです。
f0328373_03562336.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-20 03:56
私たちがこれまでに頂いた知識の全て 一 いま生きている宇宙について、その宇宙を法則によって管理している絶対的な力について、そしてその力と私たちの関係ならびに私たち相互の関係について、より明確な理解を得させてくれた知識を有難く思っております。

私たちは宇宙の法則の働きについて、より多くのことを学び、それが一つの手落ちもなく、私たちの幸福にとって不可欠のものをいかに見事に用意してくれているか 一 無限なる叡智によって考案され、無限なる愛によって管理されている法則が、私たち全てを包み込み、私たちのあらゆる必要性に備え、誰一人としてその支配からはみ出ることがないのです。
f0328373_21552729.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-18 21:57
物質界に降りてくるのは、正直言ってあまり楽しいものではありません。

光もなく活気もなく、うっとうしくて単調で、生命力に欠けています。

例えてみれば、弾力性のなくなったヨレヨレのクッションのような感じで、何もかもだらしなく感じられます。

どこもかしこも陰気でいけません。

従って当然、生きる喜びにあふれている人はほとんど見当たらず、どこを見渡しても絶望と無関心ばかりです。

私が定住している霊界は、光と色彩にあふれ、芸術の花咲く世界です。

住民の心には、真の生きる喜びがみなぎり、適材適所の仕事に携わり、奉仕の精神にあふれ、互いに自分の足りないところを補い合い、充実感と生命力と喜びと輝きに満ちた世界です。
f0328373_23191784.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-17 23:19
「虐待、残忍、苦痛、無益な流血への挑戦を続けて下さい。

その価値ある闘争における、あなたの役割を存分に果たして下さい。

最後は必ず善意が愚行に打ち勝ちます。」

一 どうもこれまでは残虐行為をしている側の方が勝っているように思えるのは不幸なことです。

「光が闇を征服するように、善は必ず悪を征服します。

闇の力は光には勝てませんし、悪の力も善の力には勝てません。

気落ちしてはなりません。

あなたの背後には、かつて地上で同じ仕事に献身し、死後も引き続き地上の生命すべてに自由をもたらすために尽力している霊団が控え、味方になってくれております。」
f0328373_22123110.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-16 22:12
全ての “種” に地上界と霊界で果たすべき役割があります。

何の原因もなしに、つまり偶然に存在するものは一つもありません。

神の完全なる構想によって、あらゆる創造物、あらゆる生命がそれなりの貢献をするようになっているのです。

用もない種が地上に発生したために、絶滅させなければならなくなったなどということは絶対にありません。

人間が地上で最大の破壊的動物であってはならない理由は、そこにあります。

野生動物と人間の共存共栄が、次第に当たり前のこととなりつつあります。

それは人間の動物への愛が大きくなって、恐怖の壁が崩されつつある証拠です。

人間がもしもこれまでのように、動物を屠殺したり狩猟したり威嚇したりすることがなかったら、動物の側に恐怖心はおきなかったはずです。

進化の促進のために、人間とのつながりを求める動物もいるのです。

身体機能上の進化ではなく心霊的進化です。
f0328373_21523342.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-15 21:52
自然界の生命は、全てが複雑にからみあっており、人間の責任は人間同士を超えて、草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。

抵抗する術(すべ)を知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、是非とも阻止しなくてはなりません。

装飾品にするために動物を殺すことを、神は許しません。

あらゆる残虐行為、とりわけ無意味な殺生は絶対に止めなくてはなりません。

物言わぬ存在の権利を守る仕事に携わる者は、常にそうした人間としての道徳的原理に訴えながら、闘わなくてはいけません。

小鳥や動物に対して、平気で残酷なことをする者は、人間に対しても平気で残酷なことをするものです。
f0328373_23093475.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-14 23:09
一 たとえば家で飼われている猫は、人間には見えない霊の存在に気づいているのでしょうか?

「もちろん気づいております。

人間に見えなくなったのは、あなた方の文明 一 時として、そう呼ぶのはふさわしくないことがあるのですが 一 それが人間生活を大自然から遠ざけたことに原因があります。

つまり大自然がもたらしてくれる能力と力から人間が絶縁しているのです。

そのために文明人は、大自然と密接につながった生活をしている人種よりも、心霊能力が発達を阻害されているのです。

一般的に言って、家庭で飼われている動物は “文明の恩恵” は受けておりません。

動物の方が飼い主よりも自然な超能力を発揮しております。

そういうわけで、残念ながら動物の方が霊的存在について、人間よりも自然な形で意識しております。」
f0328373_23300741.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-13 23:30
うまく罪を免れる人は誰一人いません。

法則は間違いなく働きます。

たとえ地上で結果が出なくても、霊界で必ず出ることを私たち霊界の者が断言します。

因果律は、いかなる手段をもってしても変えられません。

永遠に不変であり、不可避であり、数学的正確さをもって働きます。

原因があれば必ず結果が生じます。

それから逃れられる人は一人もいません。

もし、いるとしたら、神は神としての絶対的な資格である “完全なる公正” を失います。

残念ながら人間は宿命的に、五十年から七十年というホンの短い視野しか目に入らず、永遠の観念で物事を考えることが出来ないのです。

あなた方には、地上で発生していることしか見えませんが、その結果は霊界で精算されるのです。
f0328373_23110934.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-12 23:11
共存共栄こそが自然法則なのです。

人間がその責任を自覚すれば、哀れみと慈悲の心が生まれてくるはずです。

他の生命を略奪しておいて、その結果として自分に及ぶ苦しみから逃れられるものではありません。

略奪行為は、略奪者自身にとって危険なことなのです。

残虐行為は、それを行う人間にとって罪なことなのです。

愛を発揮すれば、それだけ自分が得をするのです。

憎しみの念を出せば、それだけ自分が損をするのです。

法則がそういう風に出来ているのです。

従って当然、皆さんは動物への残虐行為を減らし、もっと良い方法、哀れみに満ちた手段を教えるための努力をすべきです。

人々に、自らの生活を規律正しくし、自然法則と調和して生きる手段を教えてあげれば、みんな元気で健康で明るさいっぱいの人間になれるのです。
f0328373_00592801.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-06-12 00:59

霊訓中の霊訓


by ice-kiss