<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

私が言ったからといって、何もかも信じることはありません。

私たち霊だって間違ったことを言っているかも知れません。

あなた方にとって “なるほど” と得心のいったことだけを受け入れて下さればいいのです。

これは私がいつもお願いしていることです。

あなた方人間は私たち霊に手を貸し、私たち霊はあなた方人間を援助するという形で、お互い協力しあいながら宇宙の真理を究めていくのです。

お互いがお互いから学ぶことが沢山あります。

誰一人として間違いを犯さない者はいませんし、全能者ではないからです。

私たち霊だってみな人間的存在です。

永遠の道を旅する巡礼者なのです。
f0328373_22413738.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-11 22:41
死は生命に対して全く無力なのです。

生命は常に意気揚々としています。

亡くなった方は、決してあなたのもとを去ってはいません。

むしろ死によって、霊的にはさらに身近な存在となっているとも言えるのです。

むろん、そのことが今のあなたに理解できないことは、私たち霊も承知しております。

なぜならあなたは物質の世界に生き、物質の目で見つめておられ、霊の世界の素晴らしい壮観がご覧になれないからです。

しかし、いつの日かその物質のベールが取り除かれて霊的な目が開かれれば、あなたも新しい世界の目も眩まんばかりの光輝をご覧になり、人生には完璧な償いの法則があり、全てが神の法則によって治められていることを理解されるでしょう。
f0328373_22383714.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-10 22:38
地上生活の総決算をする時、つまり地上に別れを告げて霊の世界へ移られると、誰がするというのでもなく自家作用によって、自分で自分を裁くことになります。

その時の判決の基準は、地上で何を考えたかでもなく、何を信じたかでもありません。

世の中のためにどれたけ自分を役立てたかということです。

私たち霊が説いているのは “人のために” という福音です。

人のために惜しみなく自分を役立てなさいと言っているのです。

そうすると、あなたがこの世に存在したことによって、世の中が豊かになるわけです。

簡単なことなのです。

改めて説くのもおかしいくらい当たり前のことなのです。

ですが、やはり真実です。

地上世界は単純さという本通りから外れて、ややこしい複雑な脇道に迷い込んでおります。

あまりに複雑なものに惑わされて、単純な真理が受け入れられなくなっている精神構造の人が大勢います。

ですが、単純な真理は単純であるが故に強いのです。
f0328373_21283485.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-09 21:28
宇宙には科学の実験室における、いかなる分析検査にもひっかからず、科学薬品によってもメスによっても分析できず、しかも、これまで大きさを測定し重量をはかり切開できた、他のいかなるエネルギーをも超越する力が存在します。

私が言っているのは、愛の力のことです。

その愛は全生命の根源であり、宇宙を創造した神の属性であるが故に、死滅することはありません。

それはまさに生命の息吹きでありエッセンスなのです。

この愛で結ばれた者同士は、あらゆるハンディキャップ、あらゆる障害、あらゆる妨害を乗り越えて、いつかは必ずお互いを見出し合います。
f0328373_22143547.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-08 22:14
人生の旅において、あなたを悩ますあらゆる問題を克服していく手段は、全部そろっているのです。

それがあなたの内部に宿っているのです。

キリストはそれを “神の御国は汝の中にある” と言いました。

神の御国とは、無限の霊的貯蔵庫のことです。

自己開発によって、それを我がものとすることが出来ると言っているのです。

開発すればするほど、ますます多くの宝が永久に自分のものとなるのです。

もしも私の説く教えが楽なことばかりであれば、それは人生には発展と進化のチャンスがないことを意味します。

人生には無数の困難があります。

だからこそ完全へ向けてのチャンスが、無数にあることになるのです。

生命は永遠です。

終わりがないのです。

完全へ向けての成長も永遠に続く過程なのです。
f0328373_21461247.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-07 21:46

恐怖心を捨てる試金石

一 あなたの教えの中には “恐怖心” を捨てるように説いておられるものが多いのですが、実際に爆弾が投下されている時にそれを要求するのは無理です。
そういう状態では怖がって当然ではないでしょうか?

「おっしゃる通り当然でしょう。

が、その状態こそ恐怖心を捨てる試金石でもあります。

私たち霊が皆さんの前に掲げる理想が、非常に到達困難なものが多いことは私も承知しております。

私たちの要求することの全てを実現するのは容易ではありません。

が、最大の富は往々にして困難の末に得られるものです。

それには大変な奮闘努力が要求されます。

が、それを私があえて要求するのは、それだけの価値があるからです。

あなた方はそれぞれ無限の可能性を秘めた霊なのです。

宇宙を創造した力と本質的に同じものが、各自に宿っているのです。

その潜在力を開発する方法を会得しさえすれば、内在する霊的な貯えを呼び覚ます方法を会得しさえすれば、霊力の貯水池から汲み上げることが出来るようになりさえすれば、恐怖の迫った状態でも泰然としていられるようになります。」
f0328373_23370594.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-06 23:37
一 人間同士で、一方が他方を罰することは許されないとおっしゃるのですか?

「私だったら、その相手を精神的に未熟な人間として扱います。

つまり人生を正しい視野で眺められるように、矯正の方法を考えます。

もし罰せざるを得ないとすれば 一 私はその必要があるとは思いませんが 一 魂が真の自分に目覚めるような性質のものでなければなりません。

憎しみを増幅させ、新たな戦争を生むような性質のものであってはなりません。」

一 戦争で残虐行為を行うような国民を、甘い処分で済ませておくと、また戦争になります。
それで私は徹底的に打ちのめすべきだと言うのです。

「どうやって打ちのめすのですか?」

一 第二次世界大戦でやったようにです。

「それで問題が解決されたのでしょうか?

肉体が機能しなくなったら、その人の影響も存在しなくなるのでしょうか?

お伺いしますが、憎悪を抱いたまま肉体から無理矢理に離された幾百万とも知らない人間が、地上の人間のために働いてくれると思われますか?」
f0328373_23150535.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-05 23:15
神の法則は完全です。

一人一人が過不足のない賞罰を受けます。

無限の叡智をもってこの全大宇宙を計画し、不変の法則によって支配している神は、そこに生活している全ての者のために法則を用意しており、誰一人としてその働きから逃れることは出来ません。

懲罰と報復を混同してはいけません。

私たち霊は同じ問題をあなた方人間とは別の視野で眺めております。

復讐心と憎しみによって、世の中を良くすることは出来ません。

その邪心が判断力を曇らせ、決断を下すにも計画するにも不適格な状態になってしまいます。
f0328373_00035091.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-05 00:04
宗教とは何かと問われれば、私は躊躇なく申し上げます。

“いつどこにいても人のために自分を役立てることです” と。

神学などはどうでもよろしい。

教義、儀式、祭礼、教典などは関係ありません。

祭壇に何の意味がありましょう。

尖塔に何の意味がありましょう。

ステンドグラスの窓にしたからどうなると言うのでしょう。

法衣をまとったからといってどう違うと言うのでしょう。

そうしたものに惑わされてはいけません。

何の意味もないのです。

自分を人のために役立てること、それが宗教です。

あなたが住むその世界のために役立てるのです。

世の中を明るくするために役立てるのです。

人の心を思いやり、やさしくいたわり、気持ちを察してあげなさい。

しかし同時に、邪悪なものに対しては敢然と闘って下さい。
f0328373_23424628.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-03 23:42
かつて、大きな仕事をたった一人で始めた人がいました。

その名をイエス・キリストと言いました。

そのたった一人の人間が、愛を基本とした新しい宗教の規範を地上にもたらしました。

たった一人で大きな仕事を始めた人は、他にもいます。

その名をリンカーンと言いました。

彼は奴隷を解放し、あの大きな大陸を一つにまとめました。

いかがです?

たった一人でも大きな仕事が出来ることを示す例を、もっとあげてほしいですか。

あきらめてはなりません。
f0328373_22515750.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-02 22:52

霊訓中の霊訓


by ice-kiss