<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

地上での出来事は、いつの日か必ず埋め合わせがあります。

いつかはご自分の天秤を手にされて、バランスを調節する日がまいります。

自分で蒔いたものを刈り取るという自然法則から免れることは出来ません。

罪が軽くて済んでる者がいるようにお考えのようですが、そういうことはありません。

あなたには魂の豊かさを見抜く力がないから、そう思えるのです。

私がいつも念頭に置いているのは、神の法則だけです。

人間の法律は念頭に置いていません。

人間のこしらえた法律は、改めなければならなくなります。

変えなければならなくなります。

が、神の法則は決してその必要がありません。

地上に苦難がなければ、人間は正していくべきものへ注意を向けることが出来ません。

痛みや苦しみや邪悪が存在するのは、神の分霊であるあなた方人間が、それを克服していく方法を学ぶためです。

もしもあなたがそれを怠っているとしたら、あなたをこの世に遣(つか)わした神の意図を実践していないことになります。

宇宙の始まりから終わりまでを法則によって支配し続ける神を、一体あなたは何の資格をもって裁かれるのでしょう。
f0328373_21343635.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-11 21:34

霊界の動物の王国

霊界にも広い広い動物の王国があることをご存知ですか。

そこでは動物界のあらゆる種類が 一 動物も小鳥も 一 襲ったり恐がったりすることなく、一緒に暮らしております。

ライオンが小羊と並んで寝そべっても、ケンカもせず、えじきになることもありません。

美しい花園もたくさんあります。

そこに咲いている花々は、それぞれの種類に似合った色彩、濃さ、形をしています。

地上では見られない色彩がたくさんあります。

また美しい湖、山々、大きな川、小さな川、豪華な羽毛と目の覚めるような色彩をした小鳥がたくさんいます。

昆虫もきれいな種類のものがたくさんおります。

地上で見かけるものよりは変異しています。

(物質界という)さなぎの段階を通過して、本当の美しい姿を見せているからです。
f0328373_22005266.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-10 22:00
一 悪魔はキリスト教が生み出したのでしょう?

「そうです。

自分たちから見て、悪と思えるものを何とか片づけるためには、そういうものを発明しなければならなかったのです。

悪も進化の過程の一翼を担っております。

改善と成長 一 絶え間なく向上せんとする過程の一つなのです。

人間にとって悪に思え、苦痛に思えるものも、進化の計画に組み込まれた要素なのです。

痛みがなければ健康に注意させる警告がないことになります。

暗闇がなければ光もありません。

悪がなければ善もありません。

地上にもし悪が存在しなければ、何を基準に善を判断するのでしょうか。

改めるべき間違い、闘うべき不正が存在しなければ、人間の魂はどうやって成長するのでしょう。」
f0328373_21364466.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-09 21:36
一 神とは何でしょうか?
あるいは何者でしょうか?
それは愛 一 全ての者に宿る愛の精神、ないしは感覚でしょうか?

「神とは宇宙の自然法則です。

物的世界と霊的世界の区別なく、全生命の背後に存在する創造的エネルギーです。

完全なる愛であり、完全なる叡智です。

神は宇宙のすみずみまで行き渡っております。

人間に知られている小さな物的宇宙だけではありません。

まだ知られていない、より大きな宇宙にも瀰漫(びまん)しております。

神は全生命に宿っております。

全存在の内部に宿っております。

全法則に宿っております。

神は宇宙の大霊です。

神は大生命です。

神は大愛です。

神は全存在です。

僕(しもべ)に過ぎないわれわれが、どうして主人(あるじ)を知ることを得ましょうか。

ちっぽけな概念しか抱けないわれわれに、どうして測り知れない大きさを持つ存在が描写できましょう。」
f0328373_21081871.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-08 21:08
一 心配するのもやむを得ないこともあるのではないでしょうか?
それとも、心配することは絶対にいけませんか?

「いいとか、いけないとかの問題ではありません。

その念が連絡の通路をふさいでしまうのです。

エネルギーの流れを妨げ、近づけなくしてしまうのです。

心配の念を抱くと、それが大気に響いて、その人のまわりに私たち霊の進入を妨げる雰囲気をこしらえてしまいます。

冷静で受容的雰囲気でいてくれれば、容易に接近できます。

確信を抱いている時、完全な信頼心を抱いてくれている時は、接触が容易です。

信念が完全に近づけば近づくほど、自信が深まれば深まるほど、それだけ私たち霊との接触が緊密になります。」
f0328373_21084009.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-07 21:08
あなた方も神性を宿しておられるのです。

ほんの小さな火花に過ぎませんが、人間の一人一人に宿されているのです。

その火花をあおいで大きな炎とするか、それとも手入れを怠って消えてしまいそうにするか、それは各自の自由意志によって自らが決めていくことです。

誰も代わって決めることは出来ないからです。

各自が自分の運命の裁決者なのです。

自分の未来を自分で形成していくのです。

神性を発揮するか否かは、あなた方自身が選択することです。

代わって選択してあげようにも出来ないのです。

向上進化は自分が自覚しない限り、側(はた)から促進してあげることは出来ません。
f0328373_21104957.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-06 21:10
一 動物の生体解剖は動機が正しければ許されますか?

「許されません。

残酷な行為が、どうして正当化されますか。

苦痛を与え、悶え苦しませて、何が正義ですか。

それは私たち霊の教えと全く相いれません。

無抵抗の動物を実験台にすることは間違いです。」

一 動物を実験材料とした研究からは、たとえばガンの治療法は発見できないという考えには賛成ですか?

「神の摂理に反した方法からは、正しい治療法は生まれません。

人間の病気には、それぞれにちゃんとした治療法が用意されています。

しかし、それは動物実験では発見できません。」

一 そうしたむごい実験を見ていながら、なぜ霊界から阻止して頂けないのでしょうか?

「宇宙が自然法則によって支配されているからです。」
f0328373_21043105.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-05 21:04
一 われわれ人間としては、犬や猫などのペットと同じように、生物の全てに対して愛情を向けることが望ましいのでしょうか?

「それはそうです。

しかし同じ反応を期待してはいけません。

愛情は愛情を呼び、憎しみは憎しみを呼ぶというのが原則ですが、進化の程度が低いほど反応も少なくなります。

あなたの心に怒りの念があるということは、それはあなたの人間的程度の一つの指標であり、進歩が足りないこと、まだまだ未熟だということを意味しているわけです。

あなたの心から怒りや悪意、憎しみ、激怒、ねたみ、そねみ等の念が消えた時、あなたは霊的進化の大道を歩んでいることになります。」
f0328373_22224592.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-04 22:22
私たち霊はレンガとモルタル、祭壇と尖塔で出来た教会には何の興味もありません。

何の魅力も感じません。

建造物にはまるで関心がないのです。

私たちが関心を向けるのは“魂”です。

それで私たちは、神と人間の間に横たわる障壁を取り除くことに奮闘しているのですが、不幸にして今日では、教会そのものがその障壁となっているのです。

これほど大きな罪悪があるでしょうか。

宇宙の大霊である神は、一個の教会に局限されるものではありません。

一個の建造物の中に閉じ込められるものではないのです。

神の力は、人間各自がその霊性を発揮する行為の中に、すなわち自我を滅却した奉仕の行為、困窮せる無力な同胞のために一身を捧げんとする献身的生活の中に顕現されるのです。

そこに神の働きがあるのです。
f0328373_21383701.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-03 21:38
鏡に映るあなたは、本当のあなたではありません。

真のあなたの外形を見ているに過ぎません。

身体は人間がまとう衣服であり、物質の世界で自分を表現するための道具に過ぎません。

その身体はあなたではありません。

あなたは永遠の霊的存在であり、全大宇宙を支えている生命力、全天体を創造し、潮の干満を支配し、四季の永遠のめぐりを規制し、全生命の成長と進化を統制し、太陽を輝かせ、星をきらめかせている神の一部なのです。

その神と同じ神性をあなたも宿しているという意味において、あなたも神なのです。

本質において同じなのです。

程度において異なるのみで、基本的には同じなのです。

それはあらゆる物的概念を超越した存在です。

全ての物的限界を超えております。

あなた方が想像される、いかなるものよりも偉大なる存在です。
f0328373_21135198.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-02 21:13

霊訓中の霊訓


by ice-kiss