<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

真摯な祈りは必ず、その標的を見出します。

皆さんが心から祈る時 ー “祈る”のであって何かを“欲しがる”のではありません ー その祈りの念は必ず聞き届けられます。

霊視能力をお持ちの方であれば、皆さんの周囲に何らかの絆、親近感、および特殊な分野での、共通の奉仕的精神を持つ霊が、いつも待機しているのが分かります。

祈りの念が、その霊を一層、身近なものにするのです。

磁気力にも似た吸引力の法則が働くのです。

祈ることによって、霊が、それに応えて働きかける架け橋が出来上がるのです。

私が、いつも取り越し苦労はお止めなさいと申し上げるのは、そのためです。

心配の念は、その人の周囲の物的ならびに霊的雰囲気を乱し、私たち霊による援助が届けにくくなるのです。
f0328373_21283461.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-11 21:19
地上世界を、一気に変革することはできません。

人々を変えるのも容易ではありません。

が、自分を変えることは、今すぐからでも始められます。

いつどこにいても、人のためを心がけるのです。

力になってあげるのです。

自分が教わったものを分けてあげるのです。

もしも、それが受け入れられれば、喜び、拒否されれば、その人の思う道を行かせてあげればよろしい。

あなたが導いてあげるべき人が、次々と、あなたのもとに案内して来られるのです。
f0328373_21331376.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-10 21:26
神を一個の存在としてではなく、無限の知性と、叡智と、真理をそなえた実在そのもの、人間に想像しうるかぎりの神性の総合的統一体と考えてください。

それは、男性でもなく、女性でもなく、しかも、男性でもあり、女性でもあり、個性というものを超越しながら、同時に、あらゆる個性の中に内在しているものです。

神は、万物の内側にも、外側にも、存在しています。

神から離れては誰一人、存在できません。

神から切り離されるということが、あり得ないのです。

あなたの中にも存在しますし、雨にも、太陽にも、花にも、野菜にも、動物にも、その他いかに小さいものでも、存在を有するかぎりは、全てのものに宿っているのです。

私が大霊と呼んでいる、この神の概念を伝えるのは、至難のわざです。

あらゆるものを支配し、あらゆるものから離れず、存在するもの全てに内在している崇高な力です。
f0328373_21454111.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-09 21:35
霊である私は、皆さん方のどなたよりも長く生きてまいりました。

その間に見聞し、理解したことによって私は、無限なる叡智と愛をもって、全星雲、全天体を包摂する大宇宙機構を考案した神に対して、大いなる崇敬と、畏敬と、感嘆の念を禁じ得ないのです。

全ての人間、全ての事柄が、自然の摂理によって規制されております。

それには手落ちというものがなく、数学的正確さをもって働き、絶対に間違いを犯しません。

宇宙間のありとあらゆる存在が、その中に包摂されていますから、何一つ、誰一人として、排除されたり、忘れ去られたり、無視されたりすることがないのです。

壮大なものから、微細なものに至るまで、単純なものから、複雑なものに至るまで、あらゆる存在を自然の摂理が、支配し、支え、規制しているのです。
f0328373_2113142.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-08 20:51
何事も自然ということが大切です。

気負わず、受け身の心境になり、迷ったり不安に思ったりせず、信念を持つことです。

ここまで導いてくれた霊の力は、これから先も裏切ることはしません。

あなたを、しっかりと保護している愛の腕がほどかれて、あなたをおっぽり出すようなことはいたしません。

あなたは、あなたなりに自然に振る舞ってください。

そうすれば、霊は霊側としての役目を果たします。

その準備として、まず“静寂の時”を持つように心がけてください。

日常生活の喧騒から離れた状態へ、身を引くのです。

すると内部の霊力が、より大きく顕現して、人のための仕事をする上で必要な、落ち着きと、調和と、愛と、寛容が整います。
f0328373_22362339.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-07 22:27
太陽が燦々と輝き、何不自由ない安楽な生活の中で、はたして自我の開発が望めるものでしょうか。

試練を経ずして魂の崇高性が発揮されるでしょうか。

何一つ学ぶことのない生活を送っていて、一体どういう精神的発達が望めるのでしょうか。

そのうち、あなたも地上生活を振り返って

“厄介な問題こそ有り難かったのだ。

あの苦労があったからこそ人生の目的を悟り、自我の開発の道が見出せたのだ”

と、思われる日が来ることでしょう。
f0328373_21313361.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-06 21:25
自然の摂理から逃れられる人はいません。

あらゆる民族、あらゆる国家、あらゆる文化が、地上世界を良くする上で、それなりの貢献をしております。

言ってみれば、大オーケストラのようなものです。

一つ一つの楽器が、それぞれの演奏をして、全体として見事なハーモニーを出しているのです。

いかに未開、あるいは野蛮に思える民族も、開けゆく大機構の中で、それなりの役割をもっているのです。

地上のどこにいようと、いかなる人間であろうと、霊的存在であることには変わりありません。

一人の例外もなく、霊的本性を宿しており、それが全人類を神の家族として一つに、まとめているのです。

肌の色の違い、言語の違い、民族の違い、国家の違いなどは、霊性という基盤における一体性に比べれば、物の数ではありません。
f0328373_21354779.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-05 21:26
一体、宗教とは何なのでしょう。

教会や、礼拝堂や、寺院へ通うことでしょうか。

人間のこしらえた教義を受け入れることでしょうか。

私は、ローマカトリック教徒ですとか、プロテスタントですとか、仏教徒ですとか、ユダヤ教徒ですと名のることでしょうか。

宗教とは、神の御心に一歩でも近づくことになるような生き方をすることです。

あなたの行為の中に、神の御心が表現されることです。

要するに宗教とは、人のためになる行いをすることです。
f0328373_21412184.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-04 21:35

待つのです

閉めきられたドアを忙(せわ)しく叩いてはいけません。

自然に開くのを待つのです。

宇宙全体だけでなく、一人一人の人間にも、きちんとした計画(プラン)があります。

そのプランが実行に移されていくのです。

私たち霊は、そのプランのもとに、私たちのやり方で、私たちのタイミングで、事を運ぶしかないのです。

人間側の都合に合わせるわけにはいかないのです。

その理由の一つは、人間には自分にとって、どうなるのが一番良いかが判断できないからです。

物質的に、精神的に、そして霊的に、あなたに何が一番望ましいかを判断するには、私たちの方が有利な立場にあります。

待つのです。

きっとドアは開かれます。

これまでも幾度となく、開かれてきております。
f0328373_2229921.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-03 22:20

前を見るのです

同志の方には、いつも申し上げていることですが、信仰に知識を加えることから出発して、最後は知識に信仰を加えることで終わります。

地上はおろか霊界においてすら、存在する知識の全てを手にすることは不可能です。

知識は神と同じく無限であり、いつまでたっても蓄えを増やし続けることの連続です。

首をうなだれてはいけません。

後ろを振り向いてはいけません。

前を見るのです。

過去のページはすでにめくられ、二度と元へは戻せないのです。

生命の書は、常に新しいページをめくるのです。

その日その日のために生き、昨日のために生きてはいけません。

明日、刈り取る収穫のタネを蒔くのは今日なのです。
f0328373_21344272.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-02 21:26

霊訓中の霊訓


by ice-kiss