カテゴリ:未分類( 1220 )

地上で報われない時は、霊界で報われます。

神をあざむくことは出来ません。

永遠の法則が全ての出来事をチェックしているからです。

その働きは完璧です。

宇宙を創造したのは愛です。

無限なる神の愛です。

無限なる愛がある以上、そこに慈悲が無いはずはないでしょう。

なぜなら、慈悲、思いやり、寛容、公正、慈善、愛、こうしたものは全て神の属性だからです。

苦難は無くてはならないものです。

魂の向上は、どうすれば得られるでしょう。

楽な生活で得られるでしょうか。

楽でないから価値があるのです。

もし楽に得られるなら価値はありません。

身についてしまえば、楽に思えるでしょう。

身につくまでは楽ではありません。
f0328373_18462014.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-19 18:46
臓器移植については私たち霊も、よく知っています。

そしてまた、その動機が立派な場合が多いことも知っています。

ですが私は、人間の臓器を他人に移植することには反対です。

そもそも死は少しも怖いものではありません。

死は大いなる解放者です。

死は自由をもたらしてくれます。

あなた方人間は赤ん坊が生まれると喜びます。

が、私たち霊の世界では、これから地上に生まれて行く人を泣いて見送る人が大勢いるのです。

同じように、地上では人が死ぬと泣いて悲しみますが、私たち霊の世界ではその霊を喜んで迎えているのです。

なぜなら死の訪れは、地上で果たすべき目的を果たし終えて、霊界が与えてくれる莫大な豊かさと美しさを味わう用意が出来たことを意味するからです。
f0328373_18354771.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-18 18:35
人間には魂が宿っています。

その身体を生かしている、神性を帯びた実在です。

そして、その魂によって活力を与えられて存在を得ている、物的身体を持っています。

魂が最終的に引っ込んだ時 一 この “最終的に” というところを特に強調しておきます。なぜなら一時的なら毎晩眠るごとに引っ込み、朝目が覚めると戻っているからです 一 魂が最終的に引っ込んでしまえば、物的身体は活力源を失うので、死が訪れます。

霊視能力者が見ると分かりますが、霊体と肉体をつないでいるコードが、霊体が離れるにつれて伸びていき、ついに切れた時、両者の分離が最終的に完了します。

その分離の瞬間が死であり、そうなったら最後、地上のどんな手段でも、肉体を生き返らせることは出来ません。
f0328373_18313059.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-17 18:31
教会で行われる結婚式では、 “死が二人を分かつまで” という言い方をしますが、もしも二人が霊的に結ばれていなければ、死が訪れる前から二人は別れています。

そこに愛があれば、二人を別れさせるものは何もありません。

愛は宇宙における強力なエネルギーの一つです。

ひたすら人類のためと思って働いている、霊界の高級霊を動かしているのも愛です。

私たち霊は自分のことは何一つ求めません。

崇拝してもらおうとも、敬ってもらおうとも思いません。

もしも私たちが何か役に立てれば、そのことを神に感謝し、自分が受けた恩恵のお返しに、他人へ恩恵を施して下されば、それでいいのです。
f0328373_18331614.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-16 18:33
どんな現象にも自然法則が働いています。

それはどんな力によっても、停止も廃止もあり得ません。

原因に従って結果が起きるという、整然とした因果律にのっとって働くほかはないのです。

過去に起きたものも、それがどんなに目を見張るものでも、どんなに度肝を抜くものでも、どんなに途方もないものでも、どんなに驚異的なものでも、必ず自然法則の働きによって起きているのです。
f0328373_18570900.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-15 18:56
神の驚異的機構の中では、誰一人、何一つ、見落とされることも、忘れ去られることも、無視されることもありません。

どこにいても、ありとあらゆる存在が扶養と供給を受けられるよう配慮されています。

同時に私たちは、どんな時も私たちの背後には強大な高級霊団が控えていることも知っています。

その高級霊団は、私たちに手を貸し、代わって私たちが恵まれない人たちのために力を貸すことを望んでいるのです。

私たちはこれまで、多くの援助と慰めと導きを与えられてきました。

だからこそ今度は代わって私たちが、与えられた全才能を使って、悲しむ人に慰めを、病気に苦しむ人に癒しを、悩む人に導きを、疲れた人に力を、道を見失った人に道しるべを与え、彼らを取り巻く暗闇に光あふれる真理をもたらしてあげられるように、神に祈ります。
f0328373_19193028.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-14 19:19

次の戦争のための小休止

真実が表現されているところには、必ず価値あるものが生まれます。

演説も奉仕の心を生むものならよろしい。

ただ聞くだけで終わる演説では無意味です。

聴衆を平和の味方の気分にさせるだけの、キザな演説ではいけません。

私たち霊が望むのは、実際の行動です。

人のために役立つこと、弱者に勇気を与えること、悲しむ人を慰めること、住む家のない人を支えること、物質界の汚点である虐待行為を全て終わらせることです。

お互いがお互いに奉仕する以外に、平和の道はありません。

全ての人間が助け合いの心に満ち、人のためになることを実践するまでは、平和は来ません。

これまで続けられてきた終戦記念日も、今日では次の戦争のための小休止でしかありません。
f0328373_19381588.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-13 19:24
地上は人類を民族別に考えず、全て神の子と考えないといけません。

障壁を作っているのは人間です。

神ではありません。

神は人間の一人一人に神性を与えています。

従って全人類が神の一部です。

地上は建設すべきものが山ほどあるのに、上に立つ人たちは、なぜ破壊することばかりしたがるのでしょう。

神は、そうした人間の行動の全てを規律的に治めるための法則を用意しています。

それに逆らってはいけません。

逆らえば、その結果は破壊と混乱でしかありません。
f0328373_19233132.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-12 19:23

みんなで分け合う

聖書にも “地球とそこにあるものは全て神のもの” とあります。

これは人間は、地上のものは何一つ所有できない、自分のものには出来ないことを意味します。

地上にいる間だけ、借りて持っているようなものです。

永遠に自分のものではありません。

地上のゴタゴタは、皆が一番いいものを自分のものにしようとする 一 一番悪いものを欲しがる人はいません 一 そこから起きています。

その結果、強欲、貪欲、私利私欲が王座に祭り上げられ、物欲第一主義が新しい神として崇拝されているのです。

地上には物欲優先の副産物が、見るも痛ましいほど、はびこっています。

悲劇、卑劣、飢餓、栄養失調、残虐行為、動物実験、こうしたものは全て物欲を優先させることから起きる、恐ろしい産物です。

みんなで分け合うという考え方は良いことです。
f0328373_14025872.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-11 19:48
地球は世界の一つに過ぎません。

これからもっと多くの世界を体験します。

それが永遠に続くのです。

地上人生なんかいい加減に送ればよいと言っているのではありません。

あなたが送る全人生の、ほんの一欠片に過ぎないことを言っているのです。

その地球をより良くするために努力して下さい。

地球は宇宙の中でも、進化の低い部類に属します。

が、それなりの進化の目標があります。

同時に、進化は永遠です。

完全は永遠に達成できないのです。

なぜなら、完全に近づけば近づくほど、その先にまだ達成すべきものがあることを知るからです。
f0328373_20131523.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-08-10 20:13

霊訓中の霊訓


by ice-kiss