カテゴリ:未分類( 1166 )

導きを祈り求めなさい

問題が起きるのは当然です。

地上は、困難と挫折と障害と逆境に遭遇させられる場所です。

地上人生の目的は進化する魂が、危機的状況で呼び覚まされる、潜在的能力を発現するために、様々な事態に遭遇することです。

そうした問題を克服しない限り、魂の向上は望めません。

が、実は克服できないほど大きな問題は、決して背負わされないのです。

忍耐強く導きを祈り求めなさい。

時が熟せば必ずドアが開かれ、道が示されます。

私たち霊はそのことを、いつもこう言っています。

“閉め切られたドアを、せわしく叩いてはいけません” と。
f0328373_21350440.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-26 21:34
一 私には二人の指導霊がついてくれていると聞いています。
一人はエジプト人で、もう一人は北米インディアンです。
本当かどうか、確認してほしいのですが……。

「なぜ、そのようなことにこだわるのか理解できません。

その二人がしっかりした霊であることは認めるのでしょう?」

一 その点は疑問の余地はありません。

だったら、その二人の霊が地上でどこに住んでいたかは、どうでもよいことではありませんか。

大切なのは霊の威力です。

間違いなく霊の世界からのものであることを示してくれる力です。

援助してくれている背後霊に信念を持ちなさい。

あなたを迷わせるようなことはしません。

イザという時は必ず道を示してくれます。
f0328373_23540094.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-25 23:53
あなたにも莫大な霊的潜在力が宿っています。

イザという時に頼りに出来る霊的な武器です。

しかし万が一そこから十分なものを引き出すことが出来ない時は、私たち霊を頼りにして下さい。

決して見放すことはしません。

もしもうんざりしたり、困惑したり、悲観的になった時は、地上の喧騒から逃れて魂の静寂の中に引っ込むことです。

そうして、そこにあふれる豊かな光に馴染み、美しさに浸り、静けさと落ち着きと安らぎと自信を味わうことです。

こうして気分一新してから再び地上に戻り、はつらつと活動を始めるのです。

とにかく前に進むしかありません。

引き下がってはいけません。

どこにいても人のためになることを心掛けなさい。

援助を求めてあなたのもとを尋ねる人を、決して拒絶してはいけません。
f0328373_22153887.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-24 22:15
私たち霊は人間世界の困難、問題、欲求の全てをよく理解しています。

物的な世界に住んでいることを、十分認識しています。

そこで、奉仕的な活動に打ち込んでいる人が、食べ物や飲み物に事欠かないように、その供給源との連絡を取り持っています。

必要最低限のものは必ず手に入ります。

人間としての最善を尽くしさえすればよろしい。

それ以上のものは要求しません。

たとえ倒れても、また立ち上がることが出来るのです。
f0328373_14084931.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-23 22:01
全ての導きは神から来ます。

あなたと霊的に近い高級霊が、あなたが地上へ誕生する前からついてくれています。

必ずしも姿を見せるとは限りませんが、霊によってはきちんと姿を見せて地上での仕事について相談し、よく納得してから誕生させる場合もあります。

その霊を何と呼ばれても結構です。

今もちゃんと控えてくれています。

側を離れることはありません。

全て光り輝く霊たちです。

それぞれ受け持ちの人間を取り囲み、保護と指導と援助という、自ら課した責任の遂行に当たります。

その最終目標は、霊的発達が促進される道に導くことです。
f0328373_21581856.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-22 21:58
一つの家族が霊界に来ても、自動的に合流するわけではありません。

家族の一人一人が自然な霊的親和性を持っている場合にだけ、それがあり得ます。

親和性がなければ再会はありません。

意識のレベルが違うからです。

夫婦の場合なら身体上の結婚だけでなく、魂と精神も結ばれていなければ、霊界での再会は不可能です。

再会を決定づけるのは霊的親和性です。

死後しばらくは血縁によるバイブレーションが残りますが、それには永続性がありません。

霊的なものは物的なものに勝ります。

霊的なものは死後にも残り続けますが、物的なものはそのうち消えます。
f0328373_23411264.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-21 23:41
霊の世界に来れば、大変な楽しみがあなたを待っています。

霊界には、今のあなたには理解できない優れた音質の音楽が存在するからです。

地上でまだ一度も聞いたことのないオクターブがあります。

シンフォニーも、コンチェルトも、オーケストラもあります。

最高の作曲家や演奏家が無数にいます。

地上にはほんのわずかしかいません。

地上の大作曲家が霊界に来ていますが、その大作曲家がその後さらに向上進化しているのです。

鑑賞力のある人なら、立派な音楽をいくらでも聴くことが出来ます。

ミュージックホールは霊界が誇る財産です。

地上のどんな楽器でも表現できないオクターブの音を、あなたも聴くことになるでしょう。

それから、もちろん地上を豊かにする音楽は全て、霊界が始原です。

人間が作り出しているのではありません。

演奏家も作曲家も霊媒です。
f0328373_23515386.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-20 23:51
もしも埋め合わせと懲罰がなかったら、神の公正はどうやって発揮されるのでしょう。

罪深い人間の魂と聖者の魂が、同格に扱われていいでしょうか。

もちろん、いいはずはありません。

どんなことでも、良いことをすればそれだけ魂が向上し、自己中心的なことをすればそれだけ魂が堕落します。

良くも悪くも、あなたの霊的命運を定めるのはあなたです。

あなたのことに関して、最後に責任を負うのはあなたです。

もしも死の床で罪を告白し、特別の信仰を受け入れれば、立ちどころに罪が許されて潔白の身になれるとしたら、それはまさにお笑いものであり、茶番劇と言うべきです。
f0328373_23174246.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-19 23:17
一 なぜ霊界と物質界が存在するのですか?
なぜ霊界一つだけではいけないのですか?

「その答えは “なぜあなた方人間は、子供を学校へ通わせるのですか” という質問に対する答えと同じです。

学校を出た後、直面する様々な状況に備えて、勉強するためです。

物質界に来るのも同じ理由からです。

地上を去った後の生活に備えるために、地上が様々な体験と挑戦のチャンスを提供してくれます。」
f0328373_22540205.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-18 22:53
「霊の世界では思念が全てのものを作り出す素材です。

心に思うことが全て存在するのです。

権力欲と強欲を持ったまま霊界に来れば、それが無用であることに気づくまで、持ち続けます。

そうした地縛的な状態から解放される段階まで成長して、ようやく救われるのです。

困ったことに、権力欲や強欲は魂を地上に縛りつけます。

身体的に死んでいますが、同時に霊的にも死んだも同然の状態です。

波長が私たち霊より地上の人間に近い状態です。

そこで同じ欲に燃えた地上の人間と反応しあって、その欲を増幅していきます。」

一 地上近くをうろつく霊がますます増え、同時にそれが地上問題の解決を難しくしているということですか?

「その通りです。

霊の世界は、地上から来た人で構成されていることを理解しなくてはいけません。

地球からの渡来者しかいないのです。

何の用意も身支度も出来ていない、未発達で適応性のない霊を地上から送り込む限り、地上と霊界両方の問題を増幅するばかりです。」
f0328373_22325571.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-06-17 22:32

霊訓中の霊訓


by ice-kiss