カテゴリ:未分類( 1282 )

一 誰がいつ死ぬかは、霊界では前もって分かっているのですか?

「そういうことを察知する霊がいます。

が、どれくらい先のことが察知できるかは、その時の事情によって異なります。

愛の絆によって結ばれている間柄なら、肉体との分離が始まると必ず察知します。

そして、その分離がスムーズに行われるのを手伝うためにその場に行きます。

霊界の全ての霊に知られるわけではありません。

いずれにせよ、死ぬ時一人ぽっちの人はいません。

必ず例外なく、何人かの縁ある霊が温かく迎え、新しい、素晴らしい第二の人生を始めるための指導に当たります。」
f0328373_19382309.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-20 19:38
死後の世界での結びつきは、結ばれたいという願いが大切な絆になります。

地上には死後あっさりと消える絆で結ばれている家族がいます。

もし家族の間に何か共通したものがあれば、たとえば自然な愛や情があれば、それによってつながっている絆は切れません。

夫婦の関係と同じです。

地上には結婚という “しきたり” だけで夫婦である場合がたくさんあります。

霊的には結ばれていないのです。

結びつけるものが何もないのです。

こうした夫婦の場合は、死が決定的な断絶になります。

が、反対に霊的次元で結ばれている場合は、死がより一層その絆を強くします。
f0328373_19442029.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-19 19:44
一 死亡した子供はどうなるのですか?

「子供の場合は大人に比べて、回復と本復までの期間がずっと長くかかります。

が、一度環境に適応すると、今度は大人より進歩がずっと速いのです。

回復期は、魂にとって夜明け前の薄明かりのような状態ですが、決して苦痛は伴いません。

そういうイメージを持たれては困ります。

ただの調整期間です。

つまり新しい身体で自分を表現するための調整です。

それには地上時代の体験が大きく影響するのですが、子供の体験は限られています。

そこで本復までの期間が長引くのです。

母親が地上に生き残り、子供だけが他界した場合でも、地上時代に子供がいなくて母性本能が満たされなかった女性が、看護に当たります。

霊界に来て、母性本能を十分に発揮するチャンスが与えられるのです。」
f0328373_19395216.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-18 19:39
平静さと調和、受容的な心に満ちている時に、霊界との交信がうまく行きます。

残念ながら、そういう人はあまりいません。

そこで私たち霊は、霊的実在に目覚め、障害になる思念や欲や感情によって雰囲気を乱されることのない人たちの、霊的エネルギーを頼りにするのです。

自信を持ちなさい。

心配はいけません。

不安を抱いてはいけません。

毅然とした平静さと不屈の精神で困難に対処しなさい。

そうした雰囲気の中で、霊と人間がお互いに助け合える条件が整うのです。

私たちは物的な存在ではありません。

物的世界との接触を求めている、霊的存在です。

霊の世界と物の世界にはギャップがあり、それを何かによって橋渡しする必要があります。

私たち霊が厄介な問題に遭遇するのは、いつもその橋渡しの作業の時です。

それを簡単にするのも難しくするのも、人間の精神状態です。
f0328373_20253478.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-17 20:25

魂とは生命力の火花です

魂とは全ての人間が身にまとっている神の衣です。

魂とは神が生命あるものに与えた光です。

魂とは一人一人がそれぞれの役目を果たすことを可能にする神の息吹きです。

魂とは生命力の火花です。

存在の源泉です。

それがあなたを神と結びつけ、全生命を治める無限なる存在の一部にしています。

魂はあなたが永遠にまとい続ける不滅の衣です。

あなたがその魂であると言ってもよろしい。

なぜなら魂が、あなたという存在そのものであり、反省し、決断し、判断し、考え、愛するのはその魂です。

ありとあらゆる側面を持っています。
f0328373_19413805.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-16 19:41
一 一人一人に守護霊がついているのなら、戦争中に守られる人と守られない人がいるのは何故ですか?

「その時点での様々な事情によって支配されているからです。

一人一人に守護霊がいることは事実です。

が、その事実を本当に理解している人が何人いるでしょう。

理解がなければ、無意識の心霊能力を持たない限り、守護霊は働きかけることが出来ません。

霊の地上への働きかけは、それに必要な条件を人間が用意するかしないかに掛かっています。

霊の世界と連絡のとれる条件を用意してくれれば、身近な関係にある霊が働きかけます。

よく聞かされる不思議な体験、奇跡的救出の話は全て、それなりの条件が整った時のことです。

条件を提供するのは人間です。

人間の方から手を差しのべてくれなければ、私たち霊は人間に働きかけることが出来ません。」
f0328373_19533607.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-15 19:53
神の表現である大自然が与えてくれる、活力と能力を存分に使って、人生を楽しみなさい。

ふんだんに与えられる、大自然の恵みを遠慮なく受け入れ、完成に向けて進化し続ける永遠の景色の中に、創造神が表現している美を満喫しなさい。

同時にその背後で、私たちを通路にしようとする崇高な霊の働きに、思いを向けましょう。

神の恩寵を存分に受けるために、心を広く持ちましょう。

私たちが、神のメッセンジャーであることを認めてもらえるように、日々の生活の中での言動に、愛と善意を反映させましょう。
f0328373_19494253.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-14 19:49
「霊界ではベッドが欲しいと思う人は用意していますが、寝る必要はありません。

夜がないのですから。」

一 寝る人もいるのでしょう?

「もちろんいます。

寝なくては、と思うからです。

真実に目覚めた霊は寝ません。

土手に腰を下ろして休みたいと思えば休みます。

が、疲れたからではありません。」

一 座って瞑想するのが気持ちいいからでしょう。

「それもありますが、自然の美しい景色を眺めながら、誰かと交信することもあります。

“すみません、少し疲れたので一服しようと思います” とか、 “急いで食事を取ってきます” ということはありません。

食べたいという気持ちが残っていれば別ですが、食事を取る必要がないのです。

肉体のように栄養を補給しなくてはならない器官がないからです。

バイブレーションが物的ではありませんから。」
f0328373_19240091.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-13 19:23
一 霊界でも自分の家を持っているのですか?

「はい、持ちたいと思う人は持っています。

そう望んで努力します。

が、持とうと思わない人もいます。

同じく家を持つにしても、自分の建築の好みに合わせて工夫する人もいます。

例えば、あなた方人間の知らない照明方法を組み込んだりします。

こうしたことは、その人の創造に関わる個人的好みの問題です。

青空天井にしたければ、そうなります。

好みは、長い間の習慣によって形づくられていることを忘れてはいけません。

習慣は精神的な属性であり、死後も存続します。

生涯を英国だけで送った人は当然、英国風の家に慣れ親しんでいますから、同じような家に住むことになります。

そういう習性が残っているからです。

やがて、その習性から抜け出せば、また別の種類の家を持つことになります。

こうしたことも生活の連続性を維持するための、神の配慮です。

ショックを防ぎ、生活をスムーズに、調和のあるものにしてくれます。」
f0328373_20031558.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-12 20:03
一 霊界にも電車がありますか?

「ありません。

ただし、電車に乗りたいと思えば電車が目の前に現れます。

理解できないでしょうね。

でも夢と同じようなものです。

電車で行きたいと思えば、電車が現れるのです。

あなた方も、夢の中で船に乗ろうと思うことがあるでしょう。

すると船が現れます。

自分が作り出すのです。

そして少なくとも自分にとっては本物の船です。

それに乗ると動き出します。

必要な船員もちゃんと揃っているでしょ?

その時の意識の状態では現実なのです。」
f0328373_19290507.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-10-11 19:28

霊訓中の霊訓


by ice-kiss