地上で報われない時は、霊界で報われます。

神をあざむくことは出来ません。

永遠の法則が全ての出来事をチェックしているからです。

その働きは完璧です。

宇宙を創造したのは愛です。

無限なる神の愛です。

無限なる愛がある以上、そこに慈悲が無いはずはないでしょう。

なぜなら、慈悲、思いやり、寛容、公正、慈善、愛、こうしたものは全て神の属性だからです。

苦難は無くてはならないものです。

魂の向上は、どうすれば得られるでしょう。

楽な生活で得られるでしょうか。

楽でないから価値があるのです。

もし楽に得られるなら価値はありません。

身についてしまえば、楽に思えるでしょう。

身につくまでは楽ではありません。
f0328373_18462014.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-19 18:46
臓器移植については私たち霊も、よく知っています。

そしてまた、その動機が立派な場合が多いことも知っています。

ですが私は、人間の臓器を他人に移植することには反対です。

そもそも死は少しも怖いものではありません。

死は大いなる解放者です。

死は自由をもたらしてくれます。

あなた方人間は赤ん坊が生まれると喜びます。

が、私たち霊の世界では、これから地上に生まれて行く人を泣いて見送る人が大勢いるのです。

同じように、地上では人が死ぬと泣いて悲しみますが、私たち霊の世界ではその霊を喜んで迎えているのです。

なぜなら死の訪れは、地上で果たすべき目的を果たし終えて、霊界が与えてくれる莫大な豊かさと美しさを味わう用意が出来たことを意味するからです。
f0328373_18354771.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-18 18:35
人間には魂が宿っています。

その身体を生かしている、神性を帯びた実在です。

そして、その魂によって活力を与えられて存在を得ている、物的身体を持っています。

魂が最終的に引っ込んだ時 一 この “最終的に” というところを特に強調しておきます。なぜなら一時的なら毎晩眠るごとに引っ込み、朝目が覚めると戻っているからです 一 魂が最終的に引っ込んでしまえば、物的身体は活力源を失うので、死が訪れます。

霊視能力者が見ると分かりますが、霊体と肉体をつないでいるコードが、霊体が離れるにつれて伸びていき、ついに切れた時、両者の分離が最終的に完了します。

その分離の瞬間が死であり、そうなったら最後、地上のどんな手段でも、肉体を生き返らせることは出来ません。
f0328373_18313059.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-17 18:31
教会で行われる結婚式では、 “死が二人を分かつまで” という言い方をしますが、もしも二人が霊的に結ばれていなければ、死が訪れる前から二人は別れています。

そこに愛があれば、二人を別れさせるものは何もありません。

愛は宇宙における強力なエネルギーの一つです。

ひたすら人類のためと思って働いている、霊界の高級霊を動かしているのも愛です。

私たち霊は自分のことは何一つ求めません。

崇拝してもらおうとも、敬ってもらおうとも思いません。

もしも私たちが何か役に立てれば、そのことを神に感謝し、自分が受けた恩恵のお返しに、他人へ恩恵を施して下されば、それでいいのです。
f0328373_18331614.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-16 18:33
どんな現象にも自然法則が働いています。

それはどんな力によっても、停止も廃止もあり得ません。

原因に従って結果が起きるという、整然とした因果律にのっとって働くほかはないのです。

過去に起きたものも、それがどんなに目を見張るものでも、どんなに度肝を抜くものでも、どんなに途方もないものでも、どんなに驚異的なものでも、必ず自然法則の働きによって起きているのです。
f0328373_18570900.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-08-15 18:56

霊訓中の霊訓


by ice-kiss