生命を与えているのはスピリットです

神の使徒として働ける私たちは、光栄この上ないことです。

これはキリスト教の教会には、もはや望めないことです。

心の奥ではもう信じていない古い教えを、決まり文句として口にするだけになっています。

とっくの昔に意味を失った、紋切り型の語句、使い古した慣習と儀式を繰り返すだけです。

そうした教会、大聖堂、寺院が陳腐でむなしい死物と化してしまったのは、そこに霊の力が働かなくなったからです。

生命を与えているのはスピリットです。

なのに、そうした建造物の中で行われていることは、霊力、キリスト教で言う聖霊を拒絶することばかりです。

そこで私たちのように、風変わりな式服もまとわず、祭壇もしつらえず、ただ霊力の流れる通路になり、この世で誰一人として、無視されることも見落とされることもない、神の法則を教えることだけを心掛ける者を利用せざるを得なくなったのです。
f0328373_22110981.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-05-11 22:10

霊訓中の霊訓


by ice-kiss