人間はいつかは死なねばなりません

私たち霊の世界の素晴らしさ、美しさ、豊かさ、その景色と輝きは、地上のあなた方人間にはとても想像できません。

それを説明しようにも言葉がないのです。

死は独房の扉を開ける看守の役をすることがよくあります。

地上の人間は皆いつかは死なねばなりません。

法則によって、永遠に生き続けることは出来ないのです。

ですから、肉体はその機能を果たし終えると、霊的身体と魂から切り離されることは避けられません。

その切り離しが終わると、魂はまた永遠の巡礼の旅の次の段階へ進みます。
f0328373_22513912.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-04-15 22:51

霊訓中の霊訓


by ice-kiss