力による圧政はいつか挫折する

人間が本来は霊的存在であるという認識が、人生で支配的にならない限り、不安のタネは尽きないでしょう。

現在は原爆が不安のタネですが、未来はそれより更に恐ろしいものになるでしょう。

が、地上の長い歴史を見れば、力による圧政はいつか挫折することは明らかです。

独裁的政治が何度か生まれ、猛威をふるい、消えていきました。

独裁者が永遠に王座に君臨することはあり得ないのです。

魂は絶対であり、天から与えられたものである以上、はじめは抑圧されても、いつかはその生まれつきの権利を主張します。
f0328373_20532754.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2017-02-18 20:53

霊訓中の霊訓


by ice-kiss