教えそのものに高級も低級もありません

霊界からの情報をしきりに求めながら、それを他人のために全く活用しない人に、私たち霊は時おりウンザリさせられます。

そういう人は霊の言ったことなら、何でも “高級な教え” として有難がるのですが、一人一人が魂の成長とともに、神の法則を多く理解していくのですから、教えそのものに高級も低級もありません。

もしそういう人たちが、自分が得た知識を活用して地上をより良い生活の世界、つまり食に飢える人も喉を渇かす人もなく、神の陽光がふんだんに降り注ぐ家に住めるように、何かを為せば、それこそ最高の教えを実践していることになるでしょう。
f0328373_20592986.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-12-10 20:59

霊訓中の霊訓


by ice-kiss