障害は魂の開発にとって必須の要素

「真理探求に没頭した年月 一 追求してはつまずき、倒れては起き上がり、間違いながらも遂にそれまでの信仰が真実とは似て非なるものと思い知った 一 そうした体験が、その人の魂の発達にとって、掛けがえのない要素となっています。

行く手に転がる石ころを一つ一つ取り除いてもらい、困難は起きる前に簡単に片づけられ、どんな障害が地平線に浮かんでも、まるで魔法のように消されてしまう、そんな何の試練も体験しない人生を送っていては、未発達で幼稚な魂にしかなりません。」

一 でも、私が説いた誤った教えを聞いた人たちはどうなるのでしょうか?

「あなたがその人たちに及ぼした悪い影響を、必要以上に悪く考えてはいけません。

その人たちはその人たちなりに、そうした誤りを通して学んでいかなければならないのです。

葛藤と困難、苦悩と障害は魂の開発にとって必須の要素です。」
f0328373_19572007.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-11-26 19:57

霊訓中の霊訓


by ice-kiss