魂を導く資格

試練に耐え切れないようでは、自分以外の魂を導く資格はありません。

自ら学ぶまでは教える立場に立つことは出来ません。

それは苦難の最中(さなか)、苦悩の最中、他に頼る者とてない絶体絶命の窮地で身につけなければなりません。

最高のものを得るには、最低まで降りてみなければなりません。

霊的覚醒、言いかえれば飢えと渇きに喘(あえ)ぐ魂に霊的真理をもたらすことは、実に大切なことです。

それが地上での存在理由の全てなのです。

なのに現実は、大多数の人間が身につけるべきものをロクに身につけようともせずに、地上を素通りしています。

ですから、いざ霊の世界へ来た時は何の備えも出来ていないか、さもなければ、一から学び直さなければならないほど、誤った思想・信仰でぎゅうぎゅう詰めになっています。

本来そうしたものは地上の方が遥かに学びやすく、その方が自然なのです。

悲しみの人を慰め、迷える人を導き、悩める人を救うためには、自らが地上で苦難の極み、悲哀のドン底を体験しなければなりません。

自分自身の体験によって魂が感動した者でなければ、人に法を説く資格はありません。
f0328373_22331270.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-10-08 22:32

霊訓中の霊訓


by ice-kiss