外へ向けてのより広い愛の方が上

我欲を捨て、他人のために自分を犠牲にすればするほど、内部の神性がより大きく発揮され、あなたという存在の目的を成就しはじめます。

家族的情愛や恋愛が間違っていると言っているのではありません。

外へ向けてのより広い愛の方が上だと言っているのです。

排他性の内向的愛よりも、発展性の外向的愛の方が上です。

どんな資質にも上等のものと下等のもの、明るい面と暗い面があるものです。

家族的な愛は、往々にして排他性を帯びます。

いわゆる血のつながりによる結びつきです。

それは動物的段階の名残りである、防衛本能で支配されていることが、よくあります。

が、愛の最高の表現は自分を思わず、報酬を求めず、温かさすら伴わずに、全てのものを愛せることです。

その段階に至った時は、神の働きと同じです。

なぜなら自分自身を完全に滅却しているからです。

愛は人のために尽くし、人を支え、人を慰めようと欲します。

愛は、慈悲、同情、親切、優しさとなって表現されます。

愛はまた、滅私と犠牲の行為となって表れます。
f0328373_23052399.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-10-04 23:05

霊訓中の霊訓


by ice-kiss