何も知らずに生まれてくるのではありません

地上に生をうける時、地上で何を為すべきかを魂自身はちゃんと自覚しています。

何も知らずに生まれてくるのではありません。

自分にとって必要な向上進化を促進するには、こういう環境でこういう身体に宿るのが最も効果的と判断して、魂自らが選ぶのです。

ただ、実際に肉体に宿ってしまうと、その肉体の鈍重さのために誕生前の自覚が魂の奥に潜んだまま、通常意識に上がって来ないだけの話です。

あなた方人間にとっての大きな問題点は、やむを得ないことかも知れませんが、人生を間違った視点から観ていることです。

つまり、あまりにもこの世的・物質的観点からのみ人生を考えていることです。

人生には確かに地上的な要素がありますが、同時に霊的なものであり、永遠に続くものなのです。

その永遠なるものを、地上的視野だけで眺めてはいけません。

それでは正しい判断は出来ません。

人間には一人の例外もなく、善悪ともに埋め合わせの原理が働くのですが、地上生活だけで判断しようとすると、全ての要素を考慮することが出来なくなります。
f0328373_21393739.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-09-16 21:39

霊訓中の霊訓


by ice-kiss