本心からの切望は神に知られる

あなたは神であり、神はあなたです。

その違いは、種類でも本質でもなく顕現の度合いに過ぎません。

神は完全の極致です。

あなたはそれに向かっての努力を限りなく続けるわけです。

神は内部と外部の双方に存在します。

あなたが、愛・寛容心・慈悲・哀れみ・仁といった神性を発揮すれば、その時あなたは神と通じ合っていることになります。

なぜなら、あなたを通じて神が表現されているからです。

一方、神には無数のメッセンジャー、無数のチャンネル(交信のための通路)が存在します。

神意を行き渡らせることを任務とした、高級神霊の一大組織が張りめぐらされています。

ですから、もしもあなたが神に向かって語りかければ、黙って念じるだけでも、精神統一でも、あるいは声に出して祈ることでも、あなたの意志が神に届けられます。

声に出すことは良いことです。

念じるだけでは何かと乱れやすい思念を明確にまとめ、具象化することになるからです。

しかし声に出す出さないに関係なく、本心からの切望は神に知られると同時に、神意の行政を司(つかさど)る高級霊に届きます。
f0328373_22370065.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-25 22:36

霊訓中の霊訓


by ice-kiss