身体を大切に維持する責任があります

私が今の世の中を作ったわけではありませんし、そこで生活する人の身体も私が作ったわけではありません。

ただ、出来上がった身体を見てみると、複雑でありながら見事にまとまった機械であることが分かります。

地上のどんなに腕のいい技術者も、到底これほどのものは作れないでしょう。

何億もの細胞が集まって、血液、腱、筋肉、その他もろもろの組織を作り、さらに各種のミネラルが昼となく夜となく働いて、魂が効果的に表現されるようにしています。

私が思うに、地上に存在する機械で、一瞬の休みもなく働き、修理や点検のための解体をされることもないのは、人間の身体だけでしょう。

その度が過ぎると、使い過ぎによる欠陥が生じて、使用中止の命令を下さねばならなくなります。

神がもしも人間に完全であることを望むならば、完全な身体を用意されたはずです。

が、地上は永遠の進化のための、無数の生活の場の一つに過ぎません。

今この地上にいる限りは、その身体を大切に維持・管理する責任があります。

使い過ぎると、本来の機能が果たせなくなります。
f0328373_22263624.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-22 21:59

霊訓中の霊訓


by ice-kiss