上の者が下の者を手助けするのが当たり前

悲しいかな、霊的発達の未熟さゆえに人間は、自分を生かしている霊力が、地球を共有している他の全ての生命体を生かしている霊力と同じであることに理解がいかないのです。

動物も人間と同じく、物的身体を備えた霊であることが理解できないのです。

われこそは万物の霊長であると信じているのであれば、それゆえにこそ動物に対する責任があるはずなのに、人間はそこが理解できないのです。

上の者が下の者を手助けするのが当たり前です。

それなのに現実は、罪もない動物に無用の残虐行為を情け容赦なく行っています。

しかもそれは人間の健康増進のためと信じてのことなのですが、それは間違いであり、そういう手段から健康は得られません。

そうした邪悪で悪魔的でさえある実験を完全に阻止するためにも、霊的真理の普及が急務なのですが、これは長い時間の掛かる問題です。

いま自分たちが行っていることが間違いであることに気づいて、良心を呵責を覚えるようになるまで、霊性が発達するのを待たねばならないのです。
f0328373_22081202.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-08-08 22:08

霊訓中の霊訓


by ice-kiss