急いては事を仕損じます

人のために何かをしたいという願望に対しては、いずれそのチャンスが用意されます。

ただし、急(せ)いては事を仕損じます。

地上の大勢の方々に苦言を呈すれば、長い迷いの末に霊的実在に目覚めた方は、とかく何でもいいから心霊的能力を発揮したいという気持ちに駆られすぎます。

道はそのうち示されます。

導きを祈ることです。

あなたもこれまでの人生で、もう少しで人間への信頼を失いそうになるほどの精神的打撃を受けてこられました。

しかし信頼を地上の人間にのみ置いてはいけません。

愛と叡智と知識の権化である神が存在します。

疑念が生じた時は精神を統一して、物質界の喧騒から逃れるのです。

すると霊的理解が得られます。

統一状態が深まれば深まるほど、内的な安らぎ、静寂、安心感、決意が深まり、自分にとって最良のものが授けられるという確信を持つことが出来るようになります。

あなたは今、素晴らしい御手に抱かれております。

決して一人ぽっちにはされません。

時が経つにつれて、人のために仕事をするチャンスが、背後霊によってもたらされてまいります。
f0328373_00484289.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-07-16 00:48

霊訓中の霊訓


by ice-kiss