永遠に地上に生き続けることは出来ない

私たち霊の世界の素晴らしさ、美しさ、豊かさ、その壮観と光輝は、地上のあなた方人間にはとても想像できません。

それを描写しようとしても、言葉が見出せないのです。

“死” は独房の扉を開ける看守の役をしてくれることが、よくあるのです。

地上の人間は皆いつかは死なねばなりません。

法則によって、永遠に地上に生き続けることは出来ないことになっているのです。

ですから、肉体はその機能を果たし終えると、霊的身体と魂とから切り離されることは避けられないのです。

かくして過渡的現象が終了すると、魂はまた永遠の巡礼の旅の次の段階へと進んでいくことになります。
f0328373_23255559.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-05-27 23:26

霊訓中の霊訓


by ice-kiss