永遠に神とつながっている

人間は霊的な存在であり、神の分霊であり、永遠に神とつながっている。

私たち霊団が携えてくるメッセージは、いつもこれだけの単純な事実です。

神とのつながりは、絶対に切れることはありません。

時には弱められ、時には強められたりすることはあっても、決して断絶することはありません。

人間は向上もすれば堕落もします。

神のごとき人間になることも出来れば、動物的人間になることも出来ます。

自由意志を破壊的なことに使用することも出来ますし、建設的なことに使用することも出来ます。

しかし、何をしようと人間は永遠に神の分霊であり、神は永遠に人間に宿っております。

こうした真理は教会で朗唱するためにあるのではありません。

日常生活の中で、体現していかなくてはなりません。

飢餓、失業、病気、スラム等々、内に宿す神性を侮辱するような文明の恥辱を無くすことに、つながらなくてはいけません。
f0328373_22115350.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2016-03-10 22:13

霊訓中の霊訓


by ice-kiss