霊界では寝る必要はありません

「霊界ではベッドが欲しいと思う人は用意していますが、寝る必要はありません。

夜がないのですから。」

一 寝る人もいることはいるのでしょう?

「もちろんいます。

“寝なくては”と思うからです。

実相に目覚めた霊は寝ません。

土手に腰を下ろして休みたいと思えば休みます。

が、疲れたからではありません。」

一 座って瞑想するのが気持ちが良いからでしょう?

「それもありますが、自然の美しい景観を眺めながら、誰かと交信することもあります。

ただし、“すみません、少し疲れましたので、一服しようと思います”とか、“急いで食事を取ってきますので…”といったようなことにはなりません。

食事を取る必要はないのです。

もっとも、食べたいという気持ちが残っていれば別ですが。

肉体のように栄養を補給しなくてはならない器官がないのです。

バイブレーションが物的ではありませんから。」
f0328373_20451306.jpg


[PR]
by ice-kiss | 2016-01-15 20:45

霊訓中の霊訓


by ice-kiss