霊が取り返しのつかない傷を負うことはない

一 ある本に、一瞬のうちに戦死して、その時のショックが、その後も残っている霊の話が出ておりました。
あなたのお話では“霊が傷つくことはない”と、おっしゃっていますが、この場合はどう理解すればよいのでしょうか?

「一時的に傷つき、ショックが残ることはあります。

が、肉体の傷が癒えるのと同じで、そのうち正常に復します。

事故死や戦死のような予期せぬ状態での死は、霊にショックを与えます。

“死”に対して何の予備知識もなかったために、その反動のようなものが生じるわけです。

それで調整期間が必要となり、その間に自分が置かれている身の上についての理解と、霊的感覚の覚醒を促します。

あくまでも一時的なものです。

霊が取り返しのつかない傷を負うことはありません。」
f0328373_22093927.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-11-30 22:09

霊訓中の霊訓


by ice-kiss