近道はないのです

地上の人間の態度を見ていて、どうも理屈に合わないと思うことの一つは、物的な惰眠(だみん)から目覚めるまでには、さんざん時間が掛かっているのに、一旦目覚めると、今度は急にせっかちになることです。

どんどん事が運ぶことを期待するのですが、そうはまいりません。

霊的な進歩は着実でないといけません。

近道はないのです。

一歩一歩をしっかりと足固めしながら進まないといけません。

一歩進むごとに、次に進むべき方角が開けます。

これまでに啓示して頂いたものを基盤にして、ひとまずそれに甘んじるのです。

そしてもしも疑問が生じたら 一 きっと生じるものです。

あるいはもしも疑念が湧いたら 一 必ず湧くものです。

そしてもしも困難が厄介な頭をもたげはじめたら、慌てず我慢するのです。

霊の力は物質に勝ることを忘れないことです。

霊界から働きかけやすい条件さえ提供してくれれば、いかなる障害も、いかなる困難も、いかなるハンディキャップも、霊の力で克服できないものはありません。
f0328373_21254858.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-11-09 21:25

霊訓中の霊訓


by ice-kiss