苦痛や困難はそれなりの役割があるのです

もしも人生が一本調子のものだったら、もしも光だけで闇がなかったら、もしも楽しいことばかりで苦しいことがなかったら、食べるものに事欠かず空腹を知らなかったら、その光も、楽しいことも、食べられることの有難さも分からないはずです。

人生の目的と可能性についての理解をもたらしてくれるのは、その両極性です。

愛と憎しみは正反対であると同時に相等しいものです。

愛を憎しみに変えることが出来るように、憎しみを愛に変えることも出来ます。

鋼(はがね)が溶鉱炉から取り出されて鍛えられるように、金塊が製錬されて初めて純金となるように、ダイヤモンドが磨かれて初めて輝きを見せるように、魂も辛酸をなめて初めて真の自我に目覚めるのです。

それ以外に地上で魂が目覚め、そして活動を開始するための手段はありません。

苦痛や困難は不幸なことのように思われがちですが、本当はそうではありません。

各自の霊的進化にとって、それなりの役割があるのです。
f0328373_22504051.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-11-04 22:50

霊訓中の霊訓


by ice-kiss