静かな精神状態を持つことの効用

たとえば何分間か、ただ座って黙祷するというだけでもいいのです。

言葉に出すのもいいかも知れません。

が、それも必ずしも必要ではありません。

心を空にして、穏やかな気持ちの中で精神を統一するだけで十分です。

その統一状態の中で霊の力が働くのです。

そうした静かな精神状態というのが、物的生活に振り回されている騒々しさに一時的なストップをかけることになります。

そのわずかな時間を霊性の開拓と、自宅内での霊的存在の認識へ向けたことになります。

地上の人間は、静かな精神状態を持つことの効用を十分に認識しておりません。

私がよく申し上げているように、あなた方人間にとって無活動の時が、私たち霊にとって活動の時なのです。

あなた方人間が静かに受け身の心でじっとしている時が、私たち霊にとって一番近づきやすいからです。
f0328373_21405010.jpg


[PR]
by ice-kiss | 2015-09-05 21:40

霊訓中の霊訓


by ice-kiss