地上は無知の程度がひどすぎます

私たちの霊団の仕事の一つは、地上へ霊的真理をもたらすことです。

これは大変な使命です。

霊界から見る地上は無知の程度がひどすぎます。

その無知が生み出す悪弊は見るに耐えかねるものがあります。

それが地上の悲劇に反映しておりますが、実はそれがひいては霊界の悲劇にも反映しているのです。

地上の宗教家は、死の関門をくぐった信者は魔法のように突如として、言葉では尽くせないほどの喜悦に満ちた輝ける存在となって、一切の悩みと心配と不安から解放されるかに説いていますが、それは間違いです。

真相とはほど遠い話です。

死んで霊界へ来た人は 一 初期の段階においては 一 地上にいた時と少しも変わりません。

肉体を捨てた 一 ただ、それだけのことです。

個性は少しも変わりません。

性格は全く一緒です。

習性も特性も性癖も個性も、地上時代そのままです。

利己的な人は相変わらず利己的です。

貪欲な人は相変わらず貪欲です。

無知な人は相変わらず無知のままです。

悩みを抱いていた人は相変わらず悩んでいます。

少なくとも霊的覚醒が起きるまでは、そうです。
f0328373_21135263.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-30 21:13

霊訓中の霊訓


by ice-kiss