心に思うままがその人となります

「人生の究極の目的は、地上も死後も、霊性を開発することにあります。

物質界に誕生するのも、そのためです。

その目的にかなった地上生活を送れば、霊はしかるべき発達を遂げ、次の生活の場に正しく適応できる霊性を身につけた時点で、死を迎えます。

そのように計画されているのです。

霊界へ来てからも同じ過程が続き、そのつど霊性が開発され、そのつど古い身体から脱皮して霊妙さを増し、内部に宿る霊の潜在的な完全さに近づいてまいります。」

一 人間の身体を見ても、その人の送っている邪悪な生活が反映している人を、よく見かけます。

「当然そうなります。

心に思うままがその人となります。

その人の為すことが、その人の本性に反映します。

死後のいかなる界層においても同じことです。

身体は精神の召使いではなかったでしょうか。

はじめは精神によって、こしらえられたのではなかったでしょうか。」
f0328373_21163844.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-08-20 21:16

霊訓中の霊訓


by ice-kiss