お互いが助け合うことが一番大切

宇宙がいかに巨大にして莊厳であるとは言え、全てが絶対的法則によって支配されていることを知ったからこそ、こうしてその法則をお教えしようと努力しているわけです。

その法則とは、原因には必ずそれ相当の結果が伴うということです。

自分が蒔いたタネは自分で刈り取るということです。

所詮はごまかすことが出来ない 一 なぜなら自分の言動が、その性格と成長具合に消そうにも消せない印象を刻み込むからです。

こうした真理を土台として、真の宗教を築かねばなりません。

大主教の宮殿で何を説こうと、大聖堂で何を説こうと、寺院、教会堂、礼拝堂、その他、世界中いかなるところで何を説こうと、それが今述べた単純な基本的真理と矛盾したものであれば、それは誤りです。

極めて簡単な真理なのです。

人生を霊的摂理が支配していること、お互いが助け合うことが一番大切であること、それが魂を成長させ、性格を形成し、死後に待ち受ける新しい生活に、霊的な備えを与えることになる 一 ただ、それだけなのです。
f0328373_22162080.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-07-10 22:16

霊訓中の霊訓


by ice-kiss