人のために己を役立てる

私たち霊が説く全教説の基調は、“人のために己を役立てる”という言葉に尽きます。

あなた方人間の世界のガンとも言うべき利己主義に対して、私たちは永遠の宣戦を布告します。

戦争を生み、流血を呼び、混乱を招き、破壊へ陥れる、かの物質万能主義を一掃しようと心を砕いております。

私たち霊の説く福音は、互助と協調と寛容と同情の精神です。

お互いがお互いのために尽くし合う。

持てる者が持たざる者、足らざる者に分け与える。

真理を悟った者が、暗闇にいる者を啓発するために、真理という名の財産を譲る。

そうあってほしいのです。

地上には、その精神が欠けております。

人間の一人一人が持ちつ持たれつの関係にあること、全ての人間に同じ神性が流れていること、故に神の目には全てが平等であること、霊的本性において完全に平等であるとの観念を広める必要があります。

性格において、成長において、進化において、そして悟りにおいて、一歩先んじている者が後れている者に分け与えるという行為の中に、偉大さがあるのです。
f0328373_23164855.jpg



[PR]
by ice-kiss | 2015-06-27 23:16

霊訓中の霊訓


by ice-kiss