神が見落とすということはあり得ない

この神のしろしめす宇宙という大機構の中においては、誰一人として、またいかなる存在と言えども、放っておかれるということは、摂理上あり得ないことです。

大自然の摂理は完璧ですから、全てを包摂しております。

何一つ、誰一人として、その支配から免れることは出来ません。

神が見落とすということはあり得ないのです。

どこにいようと、あなた方は大自然の摂理の支配下にあり、天の配剤を受けております。

あなたにとって今何が必要かは、神は先刻ご承知です。

それを祈りによって表現することは結構なことです。

なぜなら、その時点における、その人の霊的ならびに精神的発達程度に応じて、可能な限りの援助が得やすくなるからです。

なるべくなら、言葉に出して祈った方がよろしい。

その波動によって、あなたが何を動機に祈っているのか、その意図が鮮明になるからです。
f0328373_22080090.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-06-12 22:07

霊訓中の霊訓


by ice-kiss