ストレスが調和を乱すのです

霊(魂)が正常であれば、精神も正常であり、身体も正常です。

身体に生命を賦与しているのは霊です。

霊はすなわち生命であり、生命はすなわち霊です。

霊とは神であり、神がすなわち生命ということです。

物的身体は霊が自我を表現するための道具であり、精神はそのためのコントロールルームと思えばよろしい。

残念ながら、現代の忙(せわ)しい生活機構が、緊張とストレスと過労を生んでおります。

それが調和を乱すのです。

魂が病み、精神が病み、それが肉体に病的症状を生み出します。

心身症という病名がありますが、これは精神と魂に起因する病気のことです。

ですから、仮に心配が原因で潰瘍が生じた場合は、その潰瘍部分を切除しても何にもなりません。

心配をするという精神の病がある限りは、また潰瘍が生じます。

心配をしないように精神を修養するしかありません。

そうすれば潰瘍も消えます。
f0328373_21583384.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-06-11 21:58

霊訓中の霊訓


by ice-kiss