人間は肩書きを崇めるのがお好きです

地上の人間は、肩書きやラベルや名称を崇めるのがお好きです。

が、クリスチャンを名のろうと、無神論者を名のろうと、何の違いもありません。

大切なのは、実生活において何をするかです。

仮に、ここに宗教など自分には無縁だと言う人がいるとしましょう。

神の名を唱えても頭を下げようとしません。

しかし性格は正直で、人のためになることを進んで行い、弱い者に味方し、足の不自由な犬が柵を越えるのさえ手助けしてやり、打ちひしがれた人々の身になって考え、困った人を援助しようと心掛けます。

もう一人は、見たところ実に信心深い人です。

あらゆる教義、あらゆる教説を受け入れ、信仰上の礼儀作法には口やかましく気を使います。

しかし心の奥に慈悲心はなく、生活の中において、何ら人のためになることをしません。

前者の方が後者より遥かに宗教的人物と言えます。
f0328373_21374977.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-02-24 21:39

霊訓中の霊訓


by ice-kiss